メールでのお問い合わせ

院長コラム

2015/03/12

第5回コラム  鼻を高く

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

 

目の印象と同じく、とても大切なお顔の中心”鼻”ですが、

今日は”鼻を高くする”ことについて書きたいと思います。

 

東洋人のお鼻の特徴として

flatface[1]

鼻根が低い(鼻筋が通っていない)、小鼻があぐらを

かいている(横に広い)、鼻先が丸くて太い、、

という3大特徴があります。

 

理想のお鼻としては、、

a0087957_11175450[1]

th[8]

といったところでしょうか?

お二人とも美しい(驚)!!

 

お鼻の悩みも多種多様ですが、やはり一番多いのが”鼻が低い

というお悩みです。鼻を高くするには、”鼻根(目と目の間)

部分のボリュームアップをする=鼻筋を通す”のが良いのですが、

その方法が二つあります。

 

1、注入で鼻を高くする

2、手術で鼻を高くする   の2つです。

 

まずは注入から、、、

1、ヒアルロン酸

2、レディエッセ(ハイドロキシアパタイト)

の二種類の注入材料があります。

 

10分くらいの手軽な処置で、簡単に鼻を高くできます。(注入後に

いつもお顔を見てもらっていますが、大体皆さん簡単に高くなっている

のでビックリされます)。通常は、低い鼻希望の人で0.6cc程度

高い鼻希望の人で最大1.5cc位の量を使っています。

しかし欠点もあり、いずれ吸収されてなくなります(ヒアルロン酸は

長く持って半年、レディエッセは持って1年半位)し、

ヒアルロン酸は繰り返し注入していると、時に鼻根部分が

広くなることがあります。

 

鼻根部分が広いとは、目と目の間が横に広いわけで、、

yjimageHXPWEF5M

時々、似た感じの方がいらっしゃいます。

個人的には、この状態は鼻筋が通っているとは言えないのでは??

当院では、今現在はヒアルロン酸よりもハイドロキシアパタイト注入を

薦めています。ただし、新しいヒアルロン酸もたくさん出てきている

ので、良いモノがあれば、またお伝えします。

 

”鼻を高くする注入”も手軽な処置ではありますが、”慎重に、ゆっくりと、

バランス良く”注入しないと、キレイな鼻筋は通りませんし、注入後の

血行障害の報告もありますので、注意は必要です。

また以前、5年以上持続するという”アクアミドゲル”という注入材料も

ありましたが、持続もさほどでなく、注入した部分がブヨブヨと残って

いつまでも消えないという症例を何例も見てきたので、今はおすすめ

していません。

 

 

次に、手術によるものです。

お鼻全体に麻酔をして、鼻の入り口(鼻の穴の縁)に小さく(数ミリ)切開

して、希望の高さにあわせて”シリコンプロテーゼ”を挿入して、鼻の高さを

出します。手術は20から30分くらいで終了します。

”傷が表から見えない、半永久的に鼻が高くなる”というメリットが

ありますが、、反面、”手術なので腫れは出る、一生モノと思って

高さを欲張るとプロテーゼが稀に出てくることがある”などのデメリット

はあります。しかし、落ち着いてしまえばもっとも安定した良い方法です。

なかには、”プロテーゼは異物だから抵抗がある”と言われる方も

おられます(注入も異物ではあるのですが、、?)。

 

まとめると

注入はいずれなくなるけど手軽で簡単、プロテーゼはダウンタイムが必要

だけど、半永久的に高くできる”ということです。

 

お鼻は顔の中心ですので、それぞれの方法のメリット、デメリット、

ご自身の希望をDrとしっかりと話し合って、”鼻を高く”する施術を

受けられることをお薦めします。(北村一輝さんやローラと同じ鼻に、、

と言うご希望はかなり美容外科医泣かせですが(笑)、、。)

 

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島]   長谷川淳一

 

 

 

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ