メールでのお問い合わせ

院長コラム

2015/03/30

第11回コラム  メスを使わない眼瞼下垂手術

 

先日、ブログでも書かせていただきましたが、

眼瞼下垂”の問い合わせも時々ありますので、

今日は眼瞼下垂のことを書きたいと思います。

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

 

まず、”眼瞼下垂”って何?

目を開いた時、黒目の部分にまぶたが重くのしかかることで

視野がせまくなったり、見開きが難しくなることです。

その症状を補うために、無意識のうちに

目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)を動かしすぎて、

眉毛をあげたり(それにより額にしわが増える)、三白眼になったり、

アゴを上げて視野をとるため肩こり、頭痛の原因になったりもします。

 

yjimage[1]-2

右目の開きが少し小さいですね。

右眉毛も上がっているのがわかります。

 

原因は、加齢、コンタクトレンズの長期の使用が最も多く、

メイクによるもの、生まれつきのものがあります。

(その他、甲状腺や神経の病気もあります)

 

治療は、主には外科的手術が必要となります。

手術には”切る方法”と”メスを使わない、切らない方法

とがあります。

切る方法”は、文字通り二重線のところ(ない時は二重線を作る)

カットして、緩んだ筋肉を実際に見ながら移動させたり、

縫い縮めたりして目を開けやすくします。

メリット↑としては効果が確実であること、保険証が使える

ことが挙げられますが、

デメリット↓としては、傷が残る、できた二重線の修正が難しい、

ダウンタイムが1か月くらい続くこと、縫う手術なので

抜糸のための通院が必要になることです。

 

効果は確実なのですが、切るのは??ちょっと↘の方も

いらっしゃいますよね。そういう方には”切らない方法”がおすすめです。

 

二重の埋没法(プチ整形)の延長で、まぶたの(奥)裏側から

目を開ける筋肉を糸で縛っていくことで、目を開けやすくします。

メリット↑としては、ダウンタイムが切開に比べ短いこと(1週間程度)、

二重の修正が容易、傷ができない、通院不要なこと挙げられます。

デメリット↓としては、切開に比べ効果が少し弱い可能性があること、

保険証が使えないことです。

 

眼瞼下垂でお悩みの方のために、当院では料金を少し抑えめに

しておりますので、是非とも”メスを使わない切らない(傷ができない)

方法”でまずは考えていただくのが良いかと思っております。

なかには、生命保険や医療保険の手術給付金を受け取ることが

できる場合もありますので、事前にご自身の保険会社にお問い合わせ

くださると良いです(ただし、手術直前の生命保険加入は対象になりません)。

 

目が開けにくいとお悩みの方、思ったより簡単に眼瞼下垂の悩みは

解消できるかも?しれません。

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島]  長谷川淳一

 

 

 

((美容外科・美容皮膚科などの美容整形の相談は

ナチュレ美容クリニック

におこし下さい!!

夏に向けてスリムなボディライン、フェイスライン、

気になるワキ汗など早目に準備始めましょう!!

ぱっちり二重整形も!))

カウンセリングは無料です。⇑

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ