第22回コラム  ほほとあごの脂肪吸引

 

当院では、”夏に・魅せる・ボディ”になっていただける

よう、5月からキャンペーンを行っております。

(詳しくは”クリニックからのお知らせ”をご覧ください)

 

ボディライン・フェイスラインを作るための

脂肪吸引手術の大まかな内容については前に

お話ししましたので、

各パーツごとに分けて、お話ししたいと思います。

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

 

今回は、、まずは”ほほとあごの脂肪吸引”について、、

”小顔にしたい”

”このほほのお肉が邪魔、、”

”全体にふっくらしているので、シャープにしたい”

”この二重あごを何とかしたい”

と言われる方、たくさんいらっしゃいます。

 

 

理想の小顔にしていく方法としては、

・エラの筋肉を小さくする(ボツリヌストキシン)、

・アゴを作る(ヒアルロン酸・レディエッセ)

・脂肪分解注射(BNLS・フォスファチジルコリン)

などの注射や

・バッカルファットの摘出(口横のふくらみとり)という

比較的手軽な手術もありますが、

 

CIMG5605-26

この方のように、前方から見た時に外に膨らんだ感じの

ボリューム感のあるほほの方には、”ほほの脂肪吸引”を

すすめています。

 

ほほの脂肪を取る際には、フェイスラインを

しっかりと出すため、アゴ下の脂肪(いわゆる二重あご)も

一緒に脂肪吸引するとさらにきれいになることが多く、

同時にあごの脂肪吸引もさせてもらうことも多いです。

 

 

 

まず手術の傷について、、

外にできる傷は、両耳下に1か所ずつのみ、、です。

 

手術する時の傷の部分に黒い目印をつけていますが、、

DSC_0116

見た目にわからないですね

DSC_0117

後から見て、少し耳を引っ張ると、ようやく

黒いしるしが見えました。

ですので、、ほとんど傷はわかりませんし、

あったとしても時間と共にわからなくなります。

 

この傷の部分から極細の道具(吸引管など)

を皮膚の下に沿わせて、脂肪を吸い取っていきます。

※両耳の下の3mm位の小さな傷から、ほほとあご全体の

(ほほ骨上は除いて)皮下脂肪はとることができます!

他の部分には、一切傷はできません※

 

 

具体的な手術の流れについて、、

 

まず

1、脂肪を吸うところ(脂肪をとりたい部分)に

目印紫色)を付けます。

 

2、しっかりと消毒した後、痛みを抑える効果のある

笑気麻酔を使いながら、手術する皮下脂肪全体に部分麻酔

を広げていきます。少しちくっとしますが、ご心配な方には、

静脈麻酔も併用してもらうと楽なこともあります。

 

3、耳の下に小さな傷を作ります(前述)

DSC_0117

4、とっていく皮下脂肪全体を柔らかく、

細かく加工していきます。

もう麻酔は効いているので、全く痛くありません。

DSC_0108

DSC_0109

傷の部分から、この道具を使います(太さ約1.5㎜)。

先が少し鈍になっている棒で、組織を傷めないように

脂肪を優しく、柔らかくします。

 

 

5、十分に脂肪を軟化させた後、脂肪を吸いとっていきます。

太さが2~3mmの吸引管(ストローのようなもの)を

皮膚の下にすすめて(皮膚の下で、”押して・引いてを

繰り返す”感じです)脂肪を吸います。

 

DSC_0111

先端の穴(3穴)の部分から脂肪を吸引します。

”真っ直ぐ”と”曲がった”吸引管を使って、

全体的にまんべんなく吸い取ります。

 

吸引管を並べると、、水族館の”チンアナゴ”

みたいですね、、つがいですし、、。

吸引管も周りの組織を傷めないように、

先が丸くなっています。

 

6、脂肪吸引はどれだけたくさん脂肪をとるかではなく、

いかにきれいに脂肪を残すかを考えながら手術する

ことが大切です。

それにより、術後の凸凹や過度のほほのくぼみ(げっそり)

といった副作用をなくせます。

 

CIMG5617-1

先程のかたの施術直後の写真です。

すでにかなり細くなって、フェイスラインが出ています

(左口元に目印が残ってはいますが、、)。

 

7、脂肪をとって、まんべんなく整ったのを

確認した後、両耳の傷を縫って終了です。

 

腫れを抑えるため、麻酔からしっかり覚めて

もらうため、術後1時間くらいはほほを圧迫固定

してもらった後に、ご帰宅いただきます。

 

8、腫れは1~2週間、内出血が出た時には2~3週間

程度でひいてきます。手術の効果は2~4週くらいで

実感できますが、3か月くらいまではどんどん細く

なっていきます。

手術効果の補助のため、術後1週間から

ご自宅で顔のマッサージをしてもらっています。

2、3か月たてば、、、、完成です。

 

と言う流れです。少し腫れは出ますが、1回の施術で

効果は絶大です。リバウンドもほとんどありません。

 

脂肪吸引を長年ずーっと担当させていただいた経験から、、

今、市場に出回っているどんな脂肪分解注射やマッサージ

クリーム、エステサロンでの施術を繰り返しても、

脂肪吸引には効果の点ではまだ勝てないと思っています。

(脂肪分解注射[=薬で分解]やエステの揉みだしと、

脂肪吸引[=実際に脂肪をとりだす]を比べたらやっぱり、。

むしろ、脂肪を取るのと同じ効果のある薬なら、効果が

出すぎて、周りの組織に悪影響も?と思います)。

 

もちろん、”脂肪吸引なんて、、”と思われる方や

もともと皮下脂肪の量が多くない方には、

注入治療(BNLSフェイスダイエットやエラの

ボツリヌストキシン注射)もおすすめです。

 

頬まわりの余ったお肉をできるだけしっかりと

すっきりしたい人やリバウンドはしたくない人など

ほほのご相談、、心からお待ちしております。

しっかりと必要なこと(出る効果の限界・リスク)

はお伝えしますので、カウンセリングの結果、

ご自身でご判断くださいませ。

 

ほほのたるみ治療をおすすめする時も稀にありますが、

必要な方にはあわせてお話しいたします。

 

 

 

ナチュレ美容クリニック   長谷川淳一

 

 

美容外科・美容皮膚科の美容整形相談は

ナチュレ美容クリニックに!!

初めての方も、優しく、

ゆっくりご説明いたします※

カウンセリングは無料です。

 

関連記事

  1. 第10回コラム  薄毛治療(HARG療法)について 

  2. 第18回コラム 目の下の(皮膚の)たるみとり

  3. 第30回コラム 顔やせにBNLS?ほほの脂肪吸引?

  4. 第28回コラム 水素サプリ(水素カプセル68) 

  5. 第1回コラム  ヒアルロン酸注入

  6. 第5回コラム  鼻を高く