メールでのお問い合わせ

院長コラム

2015/07/11

第29回コラム 血液クレンジングの要注意点

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

 

体調が悪い、体が重たい、肩こり・腰痛がひどいなどの症状や

アンチエイジング治療として、たくさんの人に受けて

いただいている血液オゾンクレンジング療法ですが、、、

 

今回は、血液オゾンクレンジング療法を受けていただく際に

知っておいていただきたい点を書きたいと思います。

 

 

ph_cleansing1[1]ph_cleansing2[1]

みるみる血液がきれいに!!

 

 

血液オゾンクレンジングを受ける際には、

・血をサラサラにする薬を沢山飲んでいる

・甲状腺機能亢進症

・G6PD欠損症

の方は、十分に注意をして治療を受ける必要

(時に受けることができない)があります。

 

なぜなら、、

・血をサラサラにする薬を沢山飲んでいる方

=注射したところが広い範囲で内出血することがあります。

 

・甲状腺機能亢進症

=いわゆる体の代謝を担当している甲状腺ホルモンが

多すぎる状態の方です。しっかりとホルモン値がコントロール

されていれば問題はありませんが、未治療のまま

血液クレンジングを受けると危険な場合があります。

”甲状腺クリ-ゼ”と言って、とても危険なショック状態

(代謝が急に上がりすぎる)になる可能性が稀にあります

(命にかかわることもある)ので、細心の注意が必要です。

 

ちなみに僕は耳鼻咽喉科専門医でもあり、甲状腺疾患の

診療も専門的にしておりましたので、当院ではしっかりと

安全性を確認の上、血液オゾンクレンジング療法を行っています。

 

・G6PD欠損症

血液の中のある酵素が遺伝的に欠損していることで、

溶血(赤血球が破壊される)を引き起こすものです。

普段は無症状ですが、ストレスなどの負荷がかかると

発作的に症状が起きることがあります。血液オゾン

クレンジングがきっかけとなって、少し赤血球が

ダメージを受けてしまうことがあるようです。

 

ですので、当院ではG6PD欠損症の診断のため、、

新しい検査キットを導入致しました。

 

20150707_133514-2   20150707_133524-2

指先に1回針をチクッと       キットに血液を落として

(一瞬です)

 

20150707_133537-2 20150707_134422-2

反応液をたらします       左が正常、右はG6PD欠損症の結果です

 

 

血液クレンジング療法を受けない方が良い方には、治療を

おすすめしない場合もありますので、ご理解くださいませ。

 

良い治療だからこそ、より安心してアンチエイジング治療を

効果的に受けていただきたいと思っております。

さらに笑顔がふえるよう、日々努力致します。

 

 

話は別ですが、超高濃度ビタミンC点滴では、G6PD欠損症の検査は

必須です!!

 

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島]  長谷川淳一

 

 

 

美容外科・美容皮膚科の美容整形相談は

ナチュレ美容クリニックに!!

初めての方も、優しく、

ゆっくりご説明いたします※

カウンセリングは無料です。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ