メールでのお問い合わせ

院長コラム

2017/11/09

第55回コラム わきが手術の実際

 

ナチュレ美容クリニックの長谷川淳一です。

 

今日は、実際の画像写真を示しながら、

わきが手術(切除法)の流れについて、、

お話ししたいと思います。

 

気になるわきがのにおいの原因(=アポクリン腺)は、

(皮膚の断面図)で表すと、(⇊)の部分の

毛根と同じくらいの深さに分布しています。

皮膚の断面 (皮膚の断面図)

 

現在、わきがを抑える方法には、

デオドラントスプレーやロールオンタイプのにおいを数日

抑えてくれる薬、RF(ラジオ波)などを用いて、切らずに

アポクリン腺の機能を抑える施術などいろいろありますが、

それぞれに一長一短(特に持続と効果)あります。

 

わきが手術も術後のお体の負担と心配はあると

思いますが、そのほかの方法に比べて

元となるアポクリン腺を確実に取り去ってしまうので

最も根治的で、強力に症状を抑えることができます

 

 

せっかく治療を受けていただく以上は、

1度で最も確実に効果を出したいと思っていますので、

僕自身は、腺をとる手術(アポクリン腺を直接僕が

見ながら、徹底的にわき全体からとる方法)をすすめています。

1回で悩みが解消しますから、、。

 

早速、手術の説明です。

・わきの毛の生えている部分にアポクリン腺は密集・

分布しているので、

CIMG8434

毛の生えている部分より少し大き目にマーキングします。

 

・次にわき全体に部分麻酔をします。

わきは敏感ですので、少し痛みを伴いますが、

笑気ガス麻酔というリラックス麻酔も併用しますので、

痛みはごく少ないです。

CIMG8433

麻酔すると、わき全体が少しふっくらしているのがわかります。

 

左の実線部分をカット(1-1.5cmくらい)して、そこから

CIMG8436

皮膚をひっくり返しながら、皮膚の下にあるアポクリン腺(→)

(と一部皮下脂肪)を細かく丁寧に、時間をかけて

はさみで取り去っていきます。

 

 

毛の生えている部分の皮下全体のアポクリン腺を

しっかり取り去ってから

CIMG8444

傷部分を生体用のボンドであわせます。

わきの皮膚が浮き上がらないように(皮下が腫れて

浮き上がってしまうと、わきの皮膚がきれいに治らないことも)、

皮膚を奥の組織(筋肉)に数か所糸で固定します。

さらに皮下が腫れないように

CIMG8448

上からガーゼで固定します。

ガーゼの上からテープをくるくる巻いて

手術終了です。

CIMG8450

術後、丸2日間はこの状態です。

しっかり固定するのは、きれいに術後の

わきの皮膚を落ち着けるためです。

 

一度で徹底的にアポクリン腺もとれ、悩みのにおいからも

開放されますし、通院も2回程度で終わります。

入院も必要ありません。

しっかりとアポクリン腺を観察しながらとりますので、

取り残し、再発、残存もほとんどありません

 

傷もわきのしわに沿わせた1cm強なので、時間がたてば、

白く細いの髪の毛くらいの太さの線になって目立たなくなります。

(どうしても気になるときには、場合により修正も可能です=

美容外科ですので)

 

わきのにおい、汗などの症状で、今の時期もお悩みの方は

是非一度ご相談ください。

 

ナチュレ美容クリニック  長谷川淳一

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ