メールでのお問い合わせ

院長コラム

2018/12/22

第60回コラム 目の下のたるみをとる手術(目の下のたるみとり手術)について

 

 

前回コラムでは、切らない目の下のふくらみとり手術のお話

をさせていただきましたが、今回は皮膚のたるみが強く

目の下の横じわも気になる方におすすめすることが多い

目の下のたるみとり手術(切開)のお話を致します。

 

目の下は特に年齢を感じやすいところで、目の下のしわ・

ふくらみ・たるみは、見た目の老けた感じ・疲れた

感じの原因となることも多く、そのことに

お気づきでない方もたくさんいらっしゃいます。

 

目の下のたるんだ皮膚と膨らんでしまった脂肪

(眼窩脂肪)を一緒になくして、目の下をリフトアップ

するのが“目の下のたるみとり手術”です。目の下だけ

でなくお顔全体の印象をすっきりさせて、

確実な若返りが可能です(目の下は年齢が出やすい

場所なので、5~10歳くらいの若返り効果がえられます)。

eye_around_up[1]

睫毛直下の最も目立たない部分を切開して

行いますので、時間がたてば(1か月程で)

傷はわからなくなりますし、体への負担は少なく

すみます。当院にお越しいただいた際には

症例写真の準備がございますので、是非ともご覧ください。

 

 

=こんな方におすすめ=

☑疲れていないのに、“疲れてる?“とよく聞かれる

☑いろいろと化粧品を使ってみたが、目の下に全く効果がなかった

☑目の下のクマは気になる

☑目の下のふくらみ(眼窩脂肪)が気になる

☑目の下(目袋)がポッコリと出ている

☑ダウンタイムが1週間くらいとれる

☑目の下の皮膚がたるんで、しわも目立つ

 

=症例写真=

西口さん目の下前

 

西口さん目の下後

1か月後

 

=手術のメリット・デメリット=

(メリット)

・目の下のたるみを確実にとって、若返ることができる

・目の下のしわを減らすことができる

・目が大きく見えるようになる

・涙袋が強調される

 

(デメリット)

・1週間~10日くらいは腫れや内出血が出ることがある

・1か月ほど傷に赤みがあることがある

・目の下のしわが全部なくなるわけではない

・たるんだ皮膚をとりすぎてしまうと、目が

閉じにくくなることがある

 

=施術の流れ=

(カウンセリング)

目の下のお悩みを教えていただき、診察いたします。

目の下のたるみとり手術が最適で手術をご希望の

時には、リスクを含めて細かくお話しいたします。

 

(施術)

座位で目の下のたるみをとる部分をデザインします。

皮膚を切除しすぎると目が閉じにくくなる(外反)

ことがありますので、皮膚の切除幅は細かく

慎重に決めていきます。ベッドに横になり、

リラックスガス(笑気)麻酔を吸いながら

点眼麻酔+部分麻酔をします。睫毛のすぐ下の

最も目立ちにくい部分を切開、たるみと脂肪

(眼窩脂肪)をあわせて適量切除します。最大限の

リフトアップ効果を望まれるときには、筋肉(眼輪筋)

の引き上げも行っています。

皮膚を丁寧に細かく縫合して終了です。

術後に問題がなければ、すぐにご帰宅いただけます。

 

=目の下のたるみとり手術と目の下の

ふくらみとり手術の違い=

 

“目の下のたるみとり手術”は、皮膚のたるみが

強い方におすすめの方法で、睫毛直下を切開して

余った皮膚のたるみと脂肪(眼窩脂肪)を同時に

処理できる施術です。睫毛のすぐ下に一旦傷は

できますが、傷の抜糸後(1週間後)からは

傷部分はメイクでカバーできますし、1か月ほどで

赤みもとれ、目立たなくなります。

皮膚のたるみが強い方には特におすすめの方法です。

eye_around_up[1]

“目の下のふくらみとり手術”は、切らないので、

見える場所に傷はできません。腫れも少ない方法

ですが、皮膚のたるみ(余った皮膚)はあまり

改善しませんので、目の下の皮膚のたるみが

強い方にはおすすめできない場合があります。

eye_around_cut[1]

 

目の下のたるみとり 目の下のふくらみとり
施術時間 30~45分 15~25分
麻酔 部分麻酔+笑気麻酔 部分麻酔+笑気麻酔
切開 睫毛のすぐ下を切開 見えない
傷の経過 1か月程で目立たなくなる できない
通院 1週間後に1度通院 なし
皮膚のたるみ 改善する あまり変わらない
腫れ・内出血 5日~2週間 2日~1週間
痛み 2~3日 1~2日

 

 

 

 

=各方法の特徴=

 

・ナチュレスタイル法=スタンダードな方法で、

皮膚と適量の眼窩脂肪(ふくらみ)をとり出して、

皮膚を縫合します。

 

・ナチュレグランデ法=拡大鏡を使って

丁寧に時間をかけて切開・縫合を行いますので、

腫れや痛み・内出血が起こりにくい方法です。

皮膚の下にある筋肉(眼輪筋)を同時に

持ち上げることで、目の下のリフトアップ効果を

さらに強く出すことができますし、高濃度PRP注入を

同時に行い、炎症と傷をケアしながらお肌のハリを

出すことができ、より早くすっきりした目の下に

仕上げることができます。

 

=料金=税別

・ナチュレスタイル法     ¥253000

・ナチュレグランデ法     ¥353000

 

=一緒におすすめの施術=

・高濃度PRP注入=ご自身の血液から抽出した、

皮膚の再生因子を多く含むPRPを傷部分周囲に

注入することで、傷の治癒を促進、炎症を鎮静化させます。

また目の下のお肌にハリを出す効果もあります。

 

・目尻・目の下のボトックス注入=目尻や目の下に

できる細かい表情皺を注射でうすくします

 

・目の下のくぼみ・ゴルゴラインへの注入

(ヒアルロン酸・脂肪)=目の下の内側

(骨の凹み部分)やゴルゴラインの凹みが気になる時に、

凹み部分に注入することで目立ちにくし、

若返り効果を出します。

 

・フェイスリフト(切るor切らない)=ほほやあご、

首のたるみが気になる場合に、同時に施術を行う

場合もあります。

 

=詳細情報=

施術時間 30~45分
通院 約1週間後に一度、抜糸通院
腫れ 5日~2週間
痛み 2~3日
内出血 出ると5日~2週間(抜糸後はアイメイクでカバー可)
洗顔・洗髪・シャワー 翌日~
入浴 1週間後~
スポーツ 2週間後~
お顔のマッサージ 2週間後~

 

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ