メールでのお問い合わせ

院長コラム

2018/12/24

第62回コラム しわ・たるみにボトックス注射・ヒアルロン酸注入

 

今回は、特にご希望が多いアンチエイジング注射=

”ボトックス注射”と”ヒアルロン酸注入”による

しわ・たるみ治療について詳しく、細かく

お話させていただきます。

 

“最近1年くらいで急にほうれい線が気になる

ようになった”とか“目尻の笑いしわが急に増えた

気がする”とか“子育てが終わってみたら、いろいろ

細かいしわが、”とか“高い化粧品をいっぱい

試してみたけど、しわは全然変わらなかった”

など年齢によるお顔のしわやたるみを気にされる

方はたくさんいらっしゃいます。

“手術は怖くて嫌だけど、しわは薄くしたい”という

ご希望の方には、注射を使った治療をおすすめしています。

注射だけで手軽に・きれいに効果を出すことができ、

化粧品とは違い、皮膚の下の必要な部分に“直接”

働きかけるため、効果は抜群で、よりリーズナブルです。

 

しわ・たるみを目立たなくする注射のうち、

最も人気が高く安全なものが次の2種類です。

 

1、笑った時の表情じわ(笑いじわ)に有効な

“ボトックス注射”

2、皮下を膨らませて、しわ部分を持ち上げることで

薄くする“ヒアルロン酸注射”

の2種類です。しわによっては、同時に2種類の注射が

必要な場合(目尻や眉間、額のしわなど)もありますが、

カウンセリングでしっかりとお話をさせてもらっています。

 

ボトックス注射 ヒアルロン酸注入
施術の時間 数分 5~15分
効果 表情じわを抑える しわを持ち上げて薄くする
効果が出るまでの時間 3~7日 注入直後から効果あり
腫れ ~1日 稀に~5日程
内出血 ほとんどなし 出ると1週間程度
効果の持続 3~6か月 3~6か月超

 

 

=ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射) について=

 

注射によるプチ整形の代表と言われている

“ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)”ですが、

わずか数分で手軽に受けることができる大人気の

メニューです。手術は嫌だけど、短時間で手軽に・

簡単にしわを少なくしたい方におすすめの治療です。

ボトックス注射が、部分的に筋肉(表情筋)を動かす

神経のルートを一時的にブロックしてくれることで、

筋肉の動きを抑えて表情じわを薄くします。

 

主に、額のしわ、目尻や目の下の笑いしわ

(通称:カラスの足跡)、眉間の縦しわ、口をすぼめた

時の口の上の縦しわ、あごのしわ(梅干しのような)

などの多くの表情じわに有効です。

口元に注射して口角を上げたり、首の縦じわを薄く

したりもでき、エラに注射をすれば小顔効果、

ふくらはぎに注射すると美脚効果、

わきに注射すると制汗効果など、全身のさまざまな

場所でバリエーション豊かな効果を出すことができます。

 

注射の効果は、人によって差はありますが、

1週間程度で安定して効果が出て、その後3~6か月程度

持続します。“半年しか持たないの?”と言われる方も

たまにいらっしゃいますが、化粧品では得られない

強力な除皺効果が得られますので、多くの方が

リピーターになられています。

“時間がたつと効果が弱くなる=注射した場所に薬が留まって

将来的に問題を起こさないので安心です”とお伝えしています。

 

とても効果が出る注射なので、注射をたくさんし過ぎると、

表情がなくなるばかりか、怖い・不自然な笑い顔(表情)

になってしまう場合もあります(TVの影響か“芸能人が

時々顔が固まって、笑ってないように見えるのは

ボトックス注射のせいですよね?”と心配される方も

いらっしゃいます)。

きれいに効果を出すためには、“注射する場所のセレクト

と注入量の調節”が最も大切で、当院では決して注入しすぎて

表情が変わることのないように常に気を配っております。

治療内容(注射量と注射場所)を毎回克明にカルテに記録し、

その情報を元にひとりひとりにあわせた

オリジナル・ボトックス注射を慎重に行っています。

 

 

=こんな方におすすめ=

☑手術は怖くて、抵抗がある

☑笑った時の目尻や目の下のカラスの足跡の

ようなしわが気になる

☑額の横じわが気になる

☑眉間のしわのせいか、“怒ってる?”とよく聞かれる

☑笑った時に、鼻の横の斜めに走る皺が気になる

☑口元(口角)が下がっているので、上に引き上げたい

☑エラが張っているので、エラを小さくして小顔にしたい

☑ふくらはぎを細く、美脚にしたい

☑ワキの汗を長期間しっかり抑えたい

 

=症例写真=

(眉間)

しわ1

しわ2

直後

(目尻)

しわ3

しわ4

 

(額)

しわ5

しわ6

(あご)

しわ7

しわ8

 

=ボトックス注射のメリット・デメリット=

(メリット)

・化粧品ではえられない、確実な除皺効果がある

・将来的にできる深いしわの予防をする効果がある

・腫れや内出血はほとんどない

・短時間(数分)で終了する

 

(デメリット)

・注入時にほんの少し痛みがある

・効果が出るまでに、2日~1週間程かかる

・3~6か月間で効果が弱くなる

・妊娠・授乳中はできない

 

=施術の流れ=

(カウンセリング)気になる“しわ”を教えていただき、

診察いたします。注射による効果をご希望の場合には、

リスクを含めたお話をします。

ご納得いただいたら、当日にも処置ができます。

 

(施術)気になるしわに対して、一番効果が出る

注射場所をマーキングします。ベッドに横になっていただき、

デザインした場所を冷却しながら細かく注射していきます。

施術後に問題がなければ、すぐにご帰宅いただけます。

 

=ボトックス注射には2種類=

ボトックス注射には2種類をご準備しております。

“韓国製”ボトックスと厚生労働省認可の

“アメリカ製”ボトックスです。

 

・韓国製ボトックスとアメリカ製ボトックスの違いについて

 

製造国 韓国製 米国製
効果 3~4か月 4~6か月
料金(目尻・税別) 12000 24000
厚生労働省(日本)の認可 なし あり
注入用極細針(34G) なし あり

 

最大の違いは、“厚生労働省から認可を受けているかどうか”です。

厚生労働省の認可を受けるということは

・薬の製造から使うまでの製造・流通過程が徹底的に管理されている

・副作用が起こった時の国の救済制度がある

・医療用の“薬品”として安全性が確立している

・施術担当医師は、1年に1回安全管理と技術講習を

必ず受けなくてならない

ことが定められております。

 

ボトックスやヒアルロン酸など一定期間、体の中で

効果を発揮して繰り返し注射する必要があるものは、

安全性が“より高い”ものを使用するのがよいと考えています

ので、当院では米国製のボトックスをおすすめすることが

多いです。韓国製ボトックスは、韓国のFDA(KFDA)

には認可されていますので、手軽に廉価でお試ししたい

ときにはおすすめです。米国製ボトックス注射には、

痛みや腫れなどを最小限に抑えることのできる

“34G極細針”を無料でお付けしています。

 

=詳細情報=

施術時間 数分
腫れ・内出血 ほとんどなし
麻酔 不要(ご希望により笑気麻酔も)
洗顔・メイク 直後~
入浴 当日~
効果の持続 3~6か月
注意事項 注射部分の強いマッサージは避ける。注射の量が多すぎると、表情が変化する。

 

 

=ヒアルロン酸注入 について=

 

加齢とともに気になり始めた小じわや深く刻まれたしわに、

手軽に効果を発揮する大人気のしわとり・たるみとり注射です。

ヒアルロン酸は元々体内(眼球、唇など)のいたるところに

存在しますが、生化学合成された、アレルギーの少ない

安全なヒアルロン酸をしわ(溝)部分の皮膚の直下に注射し、

皮膚を持ちあげてハリを出すことで、しわを浅く・薄く

することができます。短時間の手軽な処置で、施術直後から

効果を実感できますので、“手軽に若返りを希望”と思われる方に

おすすめの方法です。

 

ヒアルロン酸は吸水性を持つので、注入部分を膨らませる

=ボリュームアップ効果も持ちますので、鼻筋を通したり、

小さいあごをきれいに形作ったり、こけているほほを

ふっくらときれいにしたりすることもできます。

お胸にヒアルロン酸を注入することで、

バストアップも可能です。

 

=こんな方におすすめ=

☑手術は怖くて、抵抗がある

☑額の深い横じわが気になる

☑眉間の深い縦しわが嫌だ

☑目尻や目の下の深いしわが気になる

☑ほうれい線が前からずっと気になっている

☑口元からあごにかけての縦じわ(マリオネットライン)

を何とかしたい

☑目の下からほほにのびるしわ(ゴルゴライン)が気になる

☑目の下のくま(深いくぼみ)を何とかしたい

☑ボトックス注射をしてみたけど、まだ深い皺が残っている

 

=ボリュームを作って、きれいな形にしたい方にも

ヒアルロン酸注入がおすすめ=

☑鼻筋を通したい

☑小さなあごをボリュームアップして、あごを作りたい

☑くぼんだこめかみをふっくらさせて、きれいにしたい

☑痩せてこけてしまったホホをふっくらと健康的にしたい

☑胸を注射でボリュームアップしたい

 

 

=症例写真=

(ほうれい線・口元)

しわ9

しわ10

直後

(眉間)

しわ11

しわ12

直後

 

=ヒアルロン酸注入のメリット・デメリット=

(メリット)

・皮膚を持ち上げてハリを出し、確実にしわを薄くできる

・直後から効果が実感できる

・施術後の痛みはなく、腫れが出てもメイクでカバーできる

 

(デメリット)

・注入時に少し痛みがある

・注入部分に腫れと内出血が出ることが稀にある

・効果は3~6か月くらいで弱くなる

・直後には、皮下にしこりがふれることがある

・血管に迷入すると、その血管の支配領域に

虚血性変化が出る場合がある

 

=施術の流れ=

(カウンセリング)気になるしわ・たるみ部分を

教えていただき、診察をします。ヒアルロン酸注入

による処置をご希望の場合には、リスクを含めて

詳しくお話しいたします。

カウンセリング当日の処置もできます。

 

(施術)最も効果が出る注入場所を座位で

マーキングします。ベッドに横になってリラックスしてもらい、

部分麻酔をします。腫れができるだけ出ないように

ゆっくりヒアルロン酸を注入していきます。

最後に座位で効果を確認し、問題がなければ

すぐにご帰宅いただけます。

 

=ヒアルロン酸には2種類=

しわを薄くするヒアルロン酸にも

2種類の準備がございます(ボリュームアップ用には、

他の種類のヒアルロン酸を使うことがあります)。

 

韓国製ヒアルロン酸とアメリカ製のヒアルロン酸の2種類です。

 

・韓国製ヒアルロン酸とアメリカ製ヒアルロン酸の違いについて

製造 韓国製 米国、アラガン社
持続 3~4か月 3~6か月、1年のことも
厚生労働省の認可 なし あり
料金(税別)・ほうれい線 ¥28000~40000※ ¥40000~63000※

 

(※=ほうれい線の注入料金は、鼻の横だけの狭い範囲で

注入する場合と、鼻の横~口の横の広い範囲で注入する

場合で、注入するヒアルロン酸の量が異なるため、

料金に差があります。)

 

2種類のヒアルロン酸の最大の違いは、厚生労働省に

認可されているかどうか?です。

厚生労働省の認可を受けるということは、先程も

お伝えしたように、

・薬の製造から使うまでの製造・流通過程が管理されている

・副作用が起こった時に国の救済制度がある

・医療用の“薬品”としての安全性が確立している

・施術担当医師は、1年に1回安全管理と技術講習を必ず受けなくてならない

ことが定められております。

 

安定性と安全性、効果の持続の点からは“アメリカ製“

がおすすめですが、”韓国製“は日本産の逆輸入製品で、

韓国のFDA(KFDA)の認可は得ていますので、

お試しで廉価に受けてみたい方におすすめです。

また米国製のヒアルロン酸注入には、痛みや腫れなど

を最小限に抑えることができる、先の尖っていない

特注針“ソフトマイクロカニューレ”を無料でお付けしています。

 

=詳細情報=

時間 5~15分
腫れ 少ない(出てもメイクカバーできる)
内出血 出ると1~2週
通院 なし
麻酔 部分麻酔(ご希望により表面麻酔も)
洗顔、メイク、入浴 直後から可能
効果 3~6か月
注意事項 注入部分の強いマッサージは避ける

 

 

=デメリットである血管内注入の回避のため=

ヒアルロン酸が血管内に迷入すると、その血管の

支配領域(血管の行き先)の皮膚に虚血性変化

(皮膚壊死など)が起こるという報告が国内外で散見されています。

 

そのリスクを避けるためには、注入する時に、

・同じところに圧をかけて急速に大量に注入しない

・血管よりも細いと思われる注入針は使わない

・陰圧をかけながら、針先を動かしながらヒアルロン酸を注入する

ことなどが言われていますが、まだ完全に回避できる方法とは

言えないのが現状です(もし万が一起こった場合には、

すぐにヒアルロン酸を溶かす作業等が必要です)。

 

当院では、前もって血管を収縮できる成分を含んだ麻酔を

少量注入して麻酔した時の皮膚の変化を詳細に

観察することで、そのリスクを少しでも減らし、

あわせて注入時の痛みの緩和もできるように心がけています。

 

 

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ