メールでのお問い合わせ

院長コラム

2019/02/02

第79回コラム 豊胸バッグの抜去手術(バッグの取り出し) について

 

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

 

今回は、以前バッグでバストアップしたけど

やはり取り出したいと思われている方の

抜去手術についてのお話を致します。

 

豊胸用のバッグは今までに様々な進化を

続けてきました。今の主流は、シリコン

ジェルを充填したバッグで、安全性も高く、

術後のトラブルも少ないと言われています。

しかし、昔使われていた生理食塩水入りの

バッグやCMC(カルボキシメチルセルローズ)

入りバッグなどが、時間が経つと稀にトラブル

を起こすことがあります(バッグが破れて急に

胸が小さくなった、痛みが出てきた等)。

また“以前入れたバッグはもう必要ない”とか

、”レントゲンに写るのが嫌だ”、”乳がん検診

が難しいと言われた”などの理由で抜去を

希望される方も中にはいらっしゃいます。

当院では、抜去手術の適否とタイミングを

見極めて、豊胸バッグを抜去(取り除く)

手術も行っております。

取り出す時には、以前バッグを入れた時に

作った傷を使いますので、新しい傷を

作らずに抜去することができます。

 

=こんな方におすすめ=

☑昔バッグを入れたけど、もう必要ないから

とりたい

☑レントゲンでわかるのが嫌だからとりたい

☑最近、片胸だけ急に小さくなった気がする

☑最近、胸の左右差を感じることが多い

☑時々痛いことがある

☑年齢も重ねたので、もうバッグをとって

すっきりしておきたい

 

=豊胸バッグ抜去手術のメリット・デメリット=

(メリット)

・バッグがあることからくる不安はなくなる

・サイズは元に戻る

・バッグを入れた部分の傷を使うので、

新しい傷はできない

 

(デメリット)

・術後に胸の皮膚がたるむことがある

・腫れ、内出血が1週間ほど出ることがある

・取り出したら、再度バッグを入れることは

考えない方がよい(抜去して同時にバッグを

入れ替える手術を希望する場合を除いて)

・バッグがすでに破損している場合、すべての

内容物(充填物)がとりきれないことはある

・バッグが入っていた部分に石灰化が残る

ことがある(レントゲンに写る)

 

=施術の流れ=

(カウンセリング)お胸を診察して、

ご希望を伺います。バッグを取り出す手術

について、その時期や方法、リスクを

含めて詳しくお話しいたします。

 

(施術)笑気麻酔(ご希望により静脈麻酔)

を使って部分麻酔をします。以前バッグを

入れた時に作った傷を切開、できるだけ

バッグを傷めないように、体の外へ抜きとり

ます。バッグの内容物がすでに漏れている

ような場合には、できるだけきれいに

取り除いて洗浄します。その後、傷部分を

縫合し、圧迫固定したら手術は終了です。

術後特に問題がなければ、すぐにご帰宅

いただけます。入院は不要です。

 

・術後3日目と1週間後(時に)に、

チェックのためにご来院いただきます。

 

 

=料金=税別・麻酔代別

¥243000(両胸)

¥153000(片胸)

 

=一緒におすすめの施術=

・高濃度PRP注入=ご自身の血液から抽出した、

皮膚の再生因子を大量に含む高濃度PRPを

傷口周囲に注入することで、傷の治りを促し、

炎症を鎮静化させます。

 

 

=詳細情報=

施術時間 30~50分
麻酔 部分麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔
通院 3日後に1回(時に1週間後にも)
腫れ・内出血 1~2週
痛み 4~5日
全身シャワー 3日後~
入浴 1週間後~
洗顔・洗髪・メイク 当日~
運動 2週間後~
注意事項 術後3日間は胸をバンド固定します

 

抜去をご希望の方のご相談、お待ちしております。

 

ナチュレ美容クリニック広島   長谷川淳一

 

 

二重まぶた(埋没・切開・目頭切開)、眼瞼下垂、

目元(目の下)のアンチエイジング、隆鼻、

豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト、スレッドリフト

などの美容外科手術、しわ・たるみ・しみ、

ボトックス、ヒアルロン酸などのアンチエイジング

注射、脂肪分解注射(BNLS)、HIFU

などの美容皮膚科治療、血液オゾンクレンジング・

高濃度ビタミンC点滴な美容内科治療

そのほかの美容整形の相談も

ナチュレ美容クリニックにご相談ください。

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ