第75回コラム おへその修正手術 について

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

今回は、”昔から気になっていて、

何とかきれいにしたい”と

美容外科的な修正を強く希望される

方が多い”おへその修正手術”

についてお話しいたします。

水着を着る時だけでなく、ファッション

として普通におへそを出すために

“へそをもっときれいに見せたい”と

思う方はたくさんいらっしゃいます。

特に、出べそ気味の方は、きれいな

形にしたいと思っている方が多いようです。

“おへそ修正手術(でべそ修正)”は、

おへその組織を適量とり除くことで、

形をきれいに整える手術です。部分麻酔で

できる20~40分程度の施術で、

きれいなおへそに変身させることが

できます。元々へそにはしわがたくさんあり、

切開した傷はしわにまぎれてしまいます

ので、傷の心配は必要ありません。

おへそ修正手術には、余りの組織を

単純に切除して縫合する“切除法”と、

きれいな縦型のおへそをつくるために、

おへその内側で皮膚を小さく移動させて

組み替える“皮弁作成法”の2種類があります。

どちらの方法が適しているかについては、

診察をした上でお話しさせてもらっています。

程度が軽く、手術の必要がない方には

手術はおすすめしていませんので、

手術が必要かどうかお悩みの方も

是非ご相談くださいませ。

=こんな方におすすめ=

☑昔から出べそが嫌だった

☑へそを出すのが嫌なので、プールや

海水浴に行くのに気がひける

☑温泉などで見られるのが恥ずかしい

☑へその形について、よく人に指摘される

=症例写真=

へそ1

皮弁作成法(術前)

へそ2

(術後1週間)

=おへそ修正手術のメリット・デメリット=

(メリット)

・短時間で終了する

・直後から変化が実感できる

・体の負担は少なく、ダウンタイムは必要ない

・しわにまぎれるので、傷はわからない

(デメリット)

・腫れと痛みが出ることがある

・変形の程度が軽い時には、手術はおすすめしません

=施術の流れ=

(カウンセリング)手術によっておへそが

きれいにできるかどうかを診察します。

修正手術をご希望される時には、リスクを

含めたお話をいたします。ご希望によっては

当日の施術もできます。

(施術)手術部分のデザインをします。

部分麻酔(ご希望により笑気麻酔も)をして、

おへその余分な皮膚をデザイン通りに

丁寧に切除して縫合します。きれいな縦長の

臍にしたい時には、へその内側の皮膚を

小さく移動させて縫合する方法(皮弁作成法)

で行います。手術後はおへその固定をし、

問題がなければ、すぐにご帰宅いただけます。

=料金=税別・麻酔代別

・切除法     ¥143000

・皮弁作成法   ¥198000

=一緒におすすめの施術=

・高濃度PRP注入

ご自身の血液から抽出した、皮膚の再生因子を

大量に含む高濃度PRPを傷部分に

注入することで、傷の回復を促進し、

炎症を鎮静化します。できるだけ早く

傷や腫れを落ち着かせたい方におすすめです。

=詳細情報=

施術時間 20~40分
麻酔 部分麻酔(ご希望により笑気麻酔も)
通院 1週間後に抜糸通院が1回必要
腫れ・内出血 ~1週間
痛み 1~2日
洗顔・洗髪・メイク・シャワー・ 当日~
運動 2週間後~
注意事項 抜糸までは傷を濡らさぬようお願いします

今年の夏を迎える前に、是非ご相談下さい。

ナチュレ美容クリニック広島 長谷川淳一

二重まぶた(埋没・切開・目頭切開)、眼瞼下垂、

目元(目の下)のアンチエイジング、隆鼻、

豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト、スレッドリフト

などの美容外科手術、しわ・たるみ・しみ、

ボトックス、ヒアルロン酸などのアンチエイジング

注射、脂肪分解注射(BNLS)、HIFU

などの美容皮膚科治療、血液オゾンクレンジング・

高濃度ビタミンC点滴な美容内科治療

そのほかの美容整形の相談も

ナチュレ美容クリニックにご相談ください。