Cosmetics薬による治療(飲む・塗る)

塗る薬

ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンクリームは欧米では一般的なシミ治療薬で、シミの原因であるメラニンの合成を阻害し、その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数十倍ともいわれています。シミだけでなく、色素沈着(ニキビ後やレーザー治療後)にも有効で、単独でも効果的ですが、フォトセラピーやケミカルピーリング、レチノイン酸クリーム(トレチノイン)などの治療と併用すると、より高い効果が期待できます。

ハイドロキノンは高濃度の場合(3%以上)、シミ部分の白抜け(治療部分だけが白く浮いて周囲から浮いたようになる)の可能性もあり、医師の管理下で使う方が安心とされています。当院で処方する薬は、ハイドロキノンを4%配合している国内産のクリームです。4%という高い配合率にも関わらず、低刺激で浸透性・安定性が高く、毎日使っていただけます。

=こんな人におすすめ=
☑“肝斑なので治療は難しい”と言われた
☑毎日のケアとして薬を使いたい
☑レーザーでシミ取りをした後にシミが残っている気がする
☑副作用の強い薬は使いたくない
☑気になるシミを塗る薬で何とか薄くしたい

» 詳細をCHECK!

=ハイドロキノンクリームの使用方法=
1日1~2回(できれば朝・晩)で、“気になるシミ部分だけ”に薄く塗布してください。

=ハイドロキノンクリームの副作用=
稀に塗布部位にかぶれや赤みが出ることがありますが、中止するとすぐに落ち着きます。

=ハイドロキノンクリームの注意事項=
・塗布部位は日焼けしないように注意してください
・薬は“必ず冷蔵保存”してください
・太田母斑や扁平母斑といったあざや深い層にある色素(シミ)には効果がありません。

=料金=税別
5g
   ¥2500

 

» 閉じる

レチノイン酸クリーム

“レチノイン酸”は皮膚の代謝を活性化する“ビタミンA”の誘導体で、ビタミンAの300倍の生理活性を持ち、米国ではニキビの治療用医薬品としてFDAに認可され、シミ・しわの治療薬として使われています。

作用としては、皮膚の角質をはがして表皮の細胞を活性化→皮膚の再生を促すことで、気になるシミや皮脂の分泌を抑え、毛穴の黒ずみや目の下、乳輪や乳頭の色素を薄くすることもできます。また皮下のコラーゲン産生を高めて、しわを薄くする効果もあります。

化粧品などに含まれる“レチノール”はレチノイン酸の100分の1程度の弱い効果しか持ちませんが、レチノイン酸は効果が強い分、医師の管理下で慎重に使用する必要があります。

当院のレチノイン酸クリームは国内メーカー産で、日本人の肌に向けて作られているので安全・安心です。

=こんな人におすすめ=
☑シミだけでなく、しわのケアも毎日したい
☑ハイドロキノンと組み合わせて、シミ治療にさらに高い効果を出したい
☑目尻の細かい皺が気になっているけど、注射や手術は怖い
☑顔の毛穴の黒ずみや乳輪・乳頭の色を薄くしたい
☑妊娠・授乳はしていない

» 詳細をCHECK!

=レチノイン酸クリームの副作用=
ごく稀に皮膚に強い炎症や色素沈着を起こすことがあります。塗布の時に強い刺激を感じる時にはすぐに中止してご連絡ください。

=レチノイン酸クリームの注意事項=
・使用開始後数日で薄皮をはぐように、シミ部分がむけてくることがあります。
・一時的に乾燥しやすくなったり、肌がより敏感になることがありますが、保湿すれば落ち着きます。
・“1日1回”気になる部分にだけ塗ってください。
・必ず“冷凍庫で保管”してください。外出先、旅行先には持参しないでください。
・レチノイン酸クリームには様々な濃度のものがありますが、当院では安全のため、低濃度(0.05~0.1%)から始めることをお願いしています。

=料金=税別
5g 1本
 ¥2700

» 閉じる

パースピレックス(コンフォート&ストロング)

パースピレックス(ロールオンタイプ・塗布用)は、アルミニウムのイオンが一定期間、汗の出口に蓋をしてくれることで、ワキの汗やにおいを効果的に抑えてくれる塗り薬です。

通常のデオドラント剤は、香料によってワキのにおいを一時的(24時間程度)に隠すものですが、パースピレックスは作用が全く異なり、汗腺の出口に栓を形成することで、塗布後数日間(3~5日)は、ワキ汗・ニオイをブロックしてくれる長時間作用型の塗り薬です。

アレルギーを起こすことはほとんどなく、香料も含みません。速乾性で衣類に色移りすることはありませんので、安心してご使用いただけます。

=こんな方におすすめ=
☑ワキ汗が多くて困っている
☑ワキ汗をかくと、ワキから強いにおいがする
☑デオドラント剤は長持ちしないし、“香りがきつい”と言われた
☑手術や注射は怖い
☑できるだけ長持ちする薬がよい
☑毎日ワキのケアをするのは忘れそうだし大変

» 詳細をCHECK!

=パースピレックスの使用方法=
・開始時には、就寝前に毎日1回塗布します。直後は効果が出ませんが、通常1週間くらいで薬の効果が実感できますので、それまでは毎日塗ってください。(かぶれやすい人は
1日おきに2週間ほど効果が出るまで使ってください)。
・効果が出た後には、週に1~2回のペースで使うと、ワキ症状を心配することなく過ごせます。

=パースピレックスの副作用=
使用時にかゆみやかぶれ、発疹がでることがありますが、ワキを洗い流して薬を中止すれば、すぐに落ち着きます。

=パースピレックスの注意事項=
・元々、皮膚のかぶれが出やすい方にはパースピレックス・コンフォート、かぶれは無いけれど効果を優先してお考えの方には、パースピレックス・ストロング の2種類の塗り薬の準備がございます。最初はコンフォートからの使用をおすすめしています。
・ワキに傷がある時や医療脱毛直後(2日間)は使わないでください。
・ワキ以外の部分の汗やにおいに有効な場合もありますので、気になる時にはご相談ください。

=パースピレックスの料金=税別(コンフォート、ストロングともに)
25ml
  ¥5500(約3か月分)

» 閉じる

パントスチン について=塗る・抜け毛予防薬

“パントスチン(Pantostin)”は、主成分である“アルファトラジオール”が抜け毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成をブロックすることで、抜け毛を減らして毛量を増加してくれます。使用感もさっぱりしていてべたつかず、1日1回入浴後の使用だけでよいので、継続して使うストレスも少ないです。また副作用の心配がないので、安心して長期間ご使用いただけます。いわゆる男性の“AGA”に効果的ですが、女性の脱毛のうち“FAGA”と言われる女性型脱毛にもとても効果的で、男女とも安心して使うことができます。効果には個人差がありますが、継続的に使用する(3-6か月)ことで、効果を実感される方が多い印象です。

=こんな人におすすめ=
☑全体的に髪の量が減って、薄くなった気がする
☑最近、頭皮がはっきり見えるようになった
☑薄毛を何とかしたいが、副作用のある治療は怖い
☑髪が細くなってきた
☑入浴やブラッシングした際に、抜け毛が多い
☑子供に髪が薄くなったことを指摘された

» 詳細をCHECK!

=パントスチンの副作用=
アルコールを含有しているので、アルコールが合わない方にはかぶれ症状が出ることがあります。その他の副作用はなく、ミノキシジルやプロペシアなどのよく使われる育毛薬に比べて安心して使うことができます。

=パントスチンの使用方法=
丁寧にシャンプーした後、1日1回気になる部分を中心に塗布してください。

・ノズルキャップをとる→同包の計量アダプターを付ける⇒水平にしたまま、ボトルの腹を押して液を出す⇒ボトルを逆さにして髪を分けながら地肌にぬる(少しボトルの腹を押しながら液を塗布) で終了です。

=パントスチンの注意事項=
・出産直後の抜毛症、円形脱毛症、ストレスや薬による抜け毛には効果が期待できません。全身疾患に伴う抜け毛にも効果がありません。
・3か月以上の使用をおすすめしています。
・当院のパントスチンはネット販売とは異なり、正規の医療輸入代理店をとおして販売しておりますので、効果と安全性についてはご安心ください。

=料金=税別
1か月分(100ml)
  ¥8300

» 閉じる

グラッシュビスタ=塗るまつ毛育毛剤

“最近睫毛が減って少なくなっている”とか“エクステで睫毛が痛んで少なくなっている”というお悩みを持つ方はたくさんおられます。睫毛でお悩みの方に、睫毛を太く、長く、濃くしてくれる塗り薬(=“塗るまつ毛育毛剤”)が“グラッシュビスタ”です。

緑内障の治療で使われる“ビマトプラスト”という成分を含む“厚生労働省で認可された唯一の睫毛貧毛症のための薬”です。医薬品で副作用が少なく、元々目薬の成分のひとつなので、もし目の中に入ったとしても安心です。市販のまつ毛美容液もたくさん販売はされていますが、アレルギーや安全性、効果については全く確認されていないので、できれば医療用の安全な薬(医薬品)を使っていただく方がよいと思います。

=こんな方におすすめ=
☑まつ毛が短くなっている
☑最近まつ毛が細くなっている
☑ビューラーを使うと、まつ毛がよく抜ける
☑まつ毛を太く、長くしたい
☑目の印象を大きくしたい(目を大きく見せたい)
☑まつ毛エクステやパーマで痛んでいる

» 詳細をCHECK!

=使用方法について=
目の周りのメイクを落として水分を拭き取った後、1日1回ハケに滴下(左右1滴ずつ)し、上まぶたの睫毛の生え際に薄く線を引くように“1回だけ”塗ることで、太く、コシのあるきれいな睫毛を作ってくれます(コンタクトレンズは前もっておいて外してください)。2度塗りはしない方がよいです。

=副作用=
稀に薬を塗っている部分に色素沈着(茶色)が起こることがあります。

=注意事項=
・上まぶた以外(下まぶた・眉毛など)には使わないようにしてください。
・塗布部分に色素沈着が出た時には、すぐに中止してください。

=料金=(税別)
1本(5ml) ¥19800(2か月程度使えます)

廉価にお試ししたい時には、同じ成分を含む目薬(ルミガン点眼薬)の塗布も

ご検討いただくとよいです。

» 閉じる

塗り薬
5g ¥2500
5g ¥2700
¥5,500(コンフォート・レギュラー・ストロング)
パントスチン ¥8300
シャンプー ¥5800
コンディショナー ¥5800
ローション ¥8800
グラッシュビスタ ¥19800(70日分)
ルミガン ¥5000(1か月分)
¥5000
¥1000
¥1000
¥400
青¥2000 緑¥2000 赤¥2500 黒¥5000
MUNOAGE(ミューノアージュ)
アンデゥマリFシリーズ

飲む薬

飲む日焼け止め=ヘリオケアウルトラD

シダ植物から抽出した Fernblock(ファーンブロック)という成分=日焼けによる皮膚の赤みやダメージを抑えて日焼けを予防する を含むスペイン製の“飲む日焼け止め”が、ヘリオケアウルトラDです。日光を浴びる直前に内服することで紫外線による日焼けを抑えてくれる、欧米を含む30か国以上の国で大人気のサプリメントです。

Fernblock(ファーンブロック)とは、強力な抗酸化作用、光老化の抑制、肌の免疫防御機能の向上、紫外線(UVA)による皮膚のDNA損傷を抑える効果を持つ成分で、皮膚がんを予防する効果も認められています。

カプセル内には、ファーンブロックの他に、美肌のためのビタミンC、ビタミンD、ビタミンEやルテイン、リコピンも含まれています

当院のサプリは、医療機関の正規ルートから輸入販売しておりますので、“ネット販売”とは異なり、薬(サプリ)として安心な商品です。

=こんな人におすすめ=
☑塗る日焼け止めだけでは効果が少ない気がする
☑塗る日焼け止めはすぐに汗で落ちるので、何度も塗るのが大変
☑日焼けした後は疲れるし、日焼け止めを塗っても赤くなることが多い
☑ゴルフが趣味だが、プレイ中に日焼け止めを何度も塗る余裕はない
☑プールや海だとすぐに日焼け止めが流れ落ちてしまう
☑とにかくできるだけ日焼けはしたくない

» 詳細をCHECK!

=ヘリオケアウルトラDの使用方法=
外出する(紫外線を浴びる)30分~1時間前に1カプセル内服すると、効果が4~5時間継続します。長い時間、日に当たる可能性がある場合には4時間おきに1カプセルずつ飲むと、効果を維持することできます。

=ヘリオケアウルトラDの副作用=
特にありませんが、含まれる成分にアレルギーがあるときは使用しないでください。

=ヘリオケアウルトラDの注意事項=
・4歳以上から使用できます。
必ず、塗る日焼け止めも使ってください(併用してください)
・妊娠・授乳中には内服しないでください。
・内服後、発疹やかゆみなどが出る時はすぐに中止してください。

 

» 閉じる

医療用水素サプリ(Substance H2)

医療用“水素サプリ”(Substance H2、水素サプリ68)は抗酸化作用、血流改善作用を持ち、それらに伴う諸症状の緩和、アンチエイジング効果を発揮する“医師が開発”したサプリメントです。

水素は老化原因のひとつである活性酸素のうち、最も細胞毒性が強い活性酸素”ヒドロキシラジカル:OH・”と細胞障害性活性窒素”ペルオキシナイトライト:ONOO”を無毒化することができ、体内の細胞を有害な酸素化から守ってくれることで、アンチエイジング興効果を発揮してくれます。

水素分子はさまざまな物質にすぐに反応するので、内服すると胃の中で胃酸とすぐに反応し、ゲップとしてほとんどが体外に排出されてしまい、効果が発揮できないという最大の弱点があります(市販の水素サプリはこの点をクリアしていません)。当院の水素サプリは市販の水素サプリとは異なり、胃の中では全く反応せず、腸に届いて初めて分解・吸収(マグネシウム吸蔵体)されるよう医師が開発したものですので、高濃度の水素が効率よく吸収され効果を発揮してくれます。またサプリ1錠が、2リットルの飽和水素水(最大量の水素を溶かした水素水)と同じ水素量を含むと言われています。

» 詳細をCHECK!

クリニックでのみ購入できるサプリです

=医療用水素サプリ(Substance H2)の持つ効果=
・アンチエイジング、滋養強壮、ダイエット、美肌・美白効果
・便秘解消、デトックス、睡眠改善効果

=医療用水素サプリ(Substance H2)の内服方法=
1日1回1カプセルを200ml程度の水で内服してください

=医療用水素サプリ(Substance H2)の副作用=
特になし(内服後に少しお腹が張る感じが出ることがあります)

=料金=税別
Substance H2(=水素カプセル68)
1か月分 ¥9200

 

» 閉じる

飲むプラセンタ(JBPポーサイン100)

“飲むプラセンタ(JBPポーサイン100)”は、ブタの胎盤から抽出される胎盤エキスにビタミン、アミノ酸、コラーゲンなどアンチエイジングに必要な栄養素を加えることで、全身の若返り効果が期待できるものです。全身の細胞が活性化され、若返り・肌質改善・肝機能改善・免疫機能の向上・抗アレルギー作用・疲労回復効果が期待できます。プラセンタ注射やいろいろな点滴治療もありますが、定期的な治療が難しい場合にはデイリーユースとして、“飲むプラセンタ”を続けて使うことをおすすめします。注射が苦手な方にもおすすめです。

JBPポーサイン100は、胎盤成分を2度以上高温処理して抽出しているため、安全性が高く、安心して内服できます。

» 詳細をCHECK!

=飲むプラセンタで期待ができる効果=
・更年期障害による諸症状(頭痛、うつ、ホルモンバランスの乱れなど)、疲労回復、肩こり・腰痛の改善、抗アレルギー作用、睡眠障害の改善
・アンチエイジング(美白・美肌、肌荒れの改善、しみ、しわの改善)

=飲むプラセンタの内服方法=
1日3回(1~2カプセルずつ)内服してください

=飲むプラセンタの副作用=
ごく稀にアレルギー(内服によりかゆみ、湿疹など)が起こることがあります。

=料金=税別
1箱(100錠)
 ¥15000=約1か月分

=注意事項=
飲むプラセンタ(=JBPポーサイン100)は、製造元である日本生物製剤社が医療機関での“医師との対面販売購入”を義務づけています。非正規ルートで売られているものの中には偽造品も多々ありますが、その安全性については保証されないようです。

 

» 閉じる

飲む高濃度ビタミンC

ビタミンC(アスコルビン酸)は体の中で作れませんので、食事やサプリメントなどで摂取して補う必要があります。またビタミンCは大量に摂取することで、幅広く治療として効果を発揮することができるといわれています。毎日のビタミンケアとして、大量のビタミンCを手軽に・簡単にとることができるのが、“飲む高濃度ビタミンC”です。高濃度ビタミンC“点滴”のホームケアとしても効果的です。

通常のビタミンC(シナールなど)には、1日量としてアスコルビン酸600mgが入っていますが、この“英国製”のビタミンCには、1日量として3gと約5倍の量が含まれており、1日1回の内服で、体の中の活性酸素を抑え、アンチエイジング・美肌・老化予防・免疫力の改善・解毒効果が期待できます。

» 詳細をCHECK!

=飲む高濃度ビタミンCに期待できる効果=
・メラニン合成を抑制し、シミ・肝斑の改善、美白の効果
・コラーゲン合成を促進し、シワやたるみを改善
・活性酸素を抑制し、抗酸化作用⇒老化防止、生活習慣病を予防
・肌の保水力を上げて 、乾燥肌を改善する
・抗アレルギー作用を持ち、アトピー性皮膚炎やアレルギー性炎症を改善
・皮脂の過剰分泌を抑制して 、ニキビのケア
・免疫力を強化し、風邪を予防、疲労回復する

=飲む高濃度ビタミンCの内服方法=
水様性の粉末1包を、1日1回200cc程度の水に溶かして飲みます。少し酸っぱいですが気にならない程度です。飲む時間帯はいつでも構いません。

=飲む高濃度ビタミンCの副作用=
稀に消化器症状があります(吐き気・嘔吐・下痢・胃部不快感など)

=飲む高濃度ビタミンCの料金=税別
¥200(1包)

・ひどい体の疲れや日焼けなどの肌ストレスで傷んだお肌の改善に、継続的に内服することで、効果的に体の中からの回復が期待できます。
・当院では“制がん治療”としての高濃度ビタミンC投与はエビデンス(医学的根拠)が少ないため推奨しておりません。(治療の補助としてのご使用はおすすめしています)

 

» 閉じる

トラネキサム酸の内服治療

女性ホルモンが不安定になった時には「プラスミン」という情報伝達物質が分泌され、プラスミンがメラニンを作る“メラノサイト”を活性化⇒メラニン(しみ)が生成されると言われています。トラネキサム酸(商品名:トランサミン)は、抗炎症・抗アレルギー・止血作用を持つ薬ですが、加えて“抗プラスミン”作用を持つことでメラニンの生成をブロックし、しみを予防+治療、美白効果を出してくれる薬です。

しみの代表である“肝斑”は日本人に多くみられ、紫外線・擦過・女性ホルモンの乱れなどが原因と言われています。肝斑はレーザーなどの治療が難しい場合もあり、内服による体の内側から働きかける治療と外用塗布治療が最も効果的と言われており、トラネキサム酸は内服治療の中心となるものです。また肝斑以外のしみ(光老化など)治療にも効果的ですので、フォト治療やレーザー治療と一緒に使うこともおすすめしています。


» 詳細をCHECK!

=トラネキサム酸の副作用=
稀にかゆみ・発疹などのアレルギー、消化器症状(吐き気、胸やけ、悪心)、眠気、
手・足のむくみなどが起こることがあります。副作用が出た時には、すぐに中止してもらっています。

=トラネキサム酸の内服方法=
1日2-3回(1-2錠ずつ)

=料金=税別
¥3000(1か月分)

=トラネキサム酸内服にあたっての注意事項=
即効性はありませんので、継続投与をお願いしてします。半年以上の長期投与が必要です。

» 閉じる

美白セット

抗プラスミン作用でメラニン生成をブロックして美白効果を発揮する“トラネキサム酸“と、メラニンを抑制する作用を持つビタミンC”シナール“を同時に内服することで、さらなる美白・美肌効果を期待する内服薬のセットです。

シミや肝斑の改善、コラーゲンの合成促進によるシワやたるみの改善、抗酸化作用による老化や生活習慣病の予防、ニキビ肌・乾燥肌・アトピー症状の改善、免疫力の強化、疲労回復などの効果が期待できます。即効性はありませんので、長期にわたって(半年以上の継続投与)内服することをおすすめしています。シミ治療の全般に効果的で、フォト治療やレーザー治療とあわせて使うことをおすすめしています。

=美白セットの内服方法=
トラネキサム酸1錠とシナール1錠を1日2-3回朝夕or朝昼晩で内服します

=美白セット内服の副作用=
稀にかゆみ・発疹などのアレルギー、消化器症状(吐き気、胸やけ、悪心)、眠気、手・足のむくみが起きる場合があります。起こった時には、すぐに内服を中止してもらっています。

=美白セットの料金=税別
¥5000(約1か月分)

飲む薬
¥6000(1か月分)
¥9200(1か月分)
¥15000(1か月分)
¥6000(1か月分)
¥3000(1か月分)
¥5000(1か月分)
¥2500(1か月分)
サノレックス ¥15000(1か月分)¥7000 (14日分)
BBX(30T)¥15000(1か月分)
ゼニカル(30T)¥6000(1か月分)
フィナステリド ¥9000(1か月分)
HGリライズ  ¥3800(1か月分)

※部分麻酔・術後投薬・術後診察代込み

ご要望に合わせ、幅広い美容の診療を行っております。
診療内容にないことでも、お悩み、お困りでしたらお気軽にご相談ください。
初診の方は、初診料(カルテ作成料として)¥1,000(税込)いただきます。