メールでのお問い合わせ

2015.10.22

ほほとあご下の脂肪吸引をしたら

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

 

ご希望の多い”小顔”にする方法としては、、

・エラにボトックス注射

・顎をヒアルロン酸などで尖らせる

・脂肪分解注射(BNLS)

など注射で簡単にできる方法

・フェイスリフト

・ほほとあごの脂肪を減量する

・バッカルファットをとる

など手術による方法もあります。

 

もちろんそれぞれのご希望に合わせて、

方法は変わってきますが、

今回は、ほほとあご下の脂肪吸引の手術で

小顔になった方のご紹介です。

 

CIMG5671

手術前)ほほ全体がふっくらして

可愛らしいと思いますが、、

CIMG5930

手術後1か月)フェイスラインが

別人のようにほっそりですね。

口元のしわ=マリオネットラインも

薄くなっています。

とてもよろこんでいただけました。

手術後1か月ですので、これからさらに

むくみ(右ほほ)がとれて、ほほとあご全体が

引き締まってきます。

楽しみですね!!

症例モニターになっていただき、誠に

ありがとうございました!!

 

手術(ほほとあごの脂肪吸引)はやはり

劇的に改善”します。

腫れも痛みも思ったより楽だったとのことで、

安心しました。(僕が、大体腫れや痛みが続く

時間を長めに伝えてしまうことが多いから??)

 

顔の部分痩せは、とても難しいみたいなので、、

(手術の前に”まずは顔痩せ、いろいろ頑張って

みて下さい!”と伝えることも多々ありますが、

皆様叶わぬようで、、

半年後くらいにクリニックに戻ってこられる方が多いです)。

 

手術が不安な方は、輪郭注射(フェイスダイエット注射)

もおすすめです。

数度の通院は必要ですが、確実にダウンタイム少なく、

小顔になります。

 

ご相談お待ちしております。

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島]  長谷川淳一

 

 

二重、鼻、豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト

などの美容外科、しみ、しわ、たるみ、アンチ

エイジングなど美容皮膚科の美容整形相談は

ナチュレ美容クリニックに!!

初めての方も、優しく、

ゆっくりとご説明いたします※

 

 

 

ページの上部へ
2015.07.21

第30回コラム 顔やせにBNLS?ほほの脂肪吸引?

 

今回は、とても問い合わせの多いほほの顔痩せについて

注射?手術?という比較をしてみたいと思います。

 

BNLSフェイスダイエットという植物由来の脂肪分解注射

はとても有効で、当院でもたくさんの人に受けていただいて

とても喜んでもらっています。

DSC_0535

しかし、中にはほほ・あごの脂肪吸引の手術を希望される方

もたくさんいらっしゃり、受けていただいた方みなさんに

さらに喜んでもらっている印象です。

 

今回は、注射の治療としてのBNLSフェイスダイエット

ほほ・あごの脂肪吸引手術をいろいろ比べてみたいと思います。

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

 

CIMG5681

ほほ・あごの脂肪吸引手術中の僕

=左手で吸引する脂肪の場所と量を常に確認しつつ

慎重に時間をかけて脂肪吸引手術をすすめています。

 

 

まず

1、効果が出てくるのに必要な処置回数

・BNLS=1~2週おきに回

・脂肪吸引=1回

顔やせ完成までの期間を考えると、BNLSは毎週1回で約1か月

くらいかかりますし、脂肪吸引も自然に完成するのに1か月くらいです。

差は無いように思いますが、脂肪吸引は、手術の日(とご希望が

あれば1週間後に1回の計2回)だけの来院が必要なので、

来院回数のご負担の少なさから言うと、、

BNLS<脂肪吸引かもしれません。

 

2、効果

・BNLS=効果大

・脂肪吸引=効果絶大

 

僕自身のBNLS注射と脂肪吸引の経験からは、、

僕がきれいなフェイスラインを残せる限界まで、しっかり脂肪吸引

しているので、3、4回BNLSを受けて効果がしっかり出ている方

の中に、もしかしたら脂肪吸引だともう少しほほの脂肪はとれるかも?

と思う方がいらっしゃるのは事実です。

BNLS<脂肪吸引 と思っています。

 

DSCF5977-3 CIMG5649-2

BNLS注入直後

ほとんど注射したこともわからないくらいです!!

 

 

CIMG5671-2

ほほ・あごの脂肪吸引手術前

 

CIMG5705-2

ほほ・あごの脂肪吸引手術直後

脂肪吸引した直後にすでにフェイスラインが細くなっています。

時間と共にどんどん細くなります。やっぱり効果絶大!!

 

 

3、痛み

・BNLS=注射する時のみ、処置後の痛みなし

治療の反復が必要なので、その度にちくちく注射が必要

・脂肪吸引=手術の時は静脈麻酔+笑気麻酔で痛みはほとんど

ありませんが、術後に麻酔がとれたら、少し痛みが出てきます。

しかし、痛みどめの薬を飲めば、日常生活にも支障ないですし、

日に日に楽になります。

 

どちらかというと1回で済むか?3,4回するか?の違いはあります

ので、、BNLS=脂肪吸引 かな?!

 

4、腫れ

・BNLS=注射の際にほんの小さな内出血と直後は

少し腫れぼったい感じが出ることがありますが、

1,2日で落ち着きますし、メイクで簡単にカバーできます。

・脂肪吸引=術後3日から1,2週間続くこともあります。

前もってダウンタイムが準備できる方が良いです。

 

BNLSの場合は、1,2日の腫れが3,4回あったとしても、脂肪吸引の腫れ

に比べたらご自身が楽とおもいますので、BNLS>脂肪吸引 です。

 

5、危険度

・BNLS=一度の大量の注入で肝臓・腎臓などに負担がかかることが

極稀にありますが、適量で少量であれば問題ありません。

・脂肪吸引=”脂肪吸引は危険?!”などと言われることがありますが、

ほほの脂肪吸引単独での死亡事故の報告例は僕が調べた範囲内

では見られませんし、手術中と手術後の管理をきちんとしておけば、

全く問題ないと思います。

 

BNLSも脂肪吸引もどちらも危険性はほとんどないので、

BNLS=脂肪吸引  です。

 

6、料金

クリニックによって異なりますが、当院では

・BNLS=ほほあご全体で1回あたり¥50000 が3~4回

・脂肪吸引=¥250000

 

どちらもモニターになっていただくと、もう少しお安くしております。

単純に比べると、、BNLS>脂肪吸引 ですが、僕らが十二分すぎるほど

慎重ににかける脂肪吸引手術の手間等を換算すると、僕はほとんど同じかな?

と思っています。

 

7、処置を受ける怖さ

・BNLS=注射だから、怖さ少

・脂肪吸引=手術だから怖い

 

BNLSは、細かい針を使った注射なので、受けられる方の恐怖心

は少ないと思います。

”脂肪吸引は怖い”というイメージがありますが、

切ったりはしませんし、つくる小さな穴(5mm位)も耳の後ろで

ほとんど目立ちません。

ダウンタイムの準備さえあれば、先程いろいろとお話したように

安全・安心・確実な治療です。

脂肪吸引のリスクとしては、、、

僕自身、耳鼻咽喉科の時代から顔面の解剖は好きで、

しっかり勉強していますので、顔面神経や大きな重要血管に

影響をあたえることなく手術可能とは思っています。

あと見た目の凸凹が残ったり、げっそりしすぎたり、、は

手術する術者の技量次第なので、手術を担当するDrの

実績を確認して、十分にカウンセリングして受けられれば

大丈夫です。

でも、やっぱり、、BNLS>脂肪吸引かな? と思います。

 

 

以上、7つの項目で比較してみました。

 

きれいに顔痩せしたい方はぜひともご参考にしていただければ、、

と思います。

 

薬の注入でもある程度の効果はみられますが、前述のように

さらに顔痩せ効果を出したい場合もあり、その時には、

 

・脂肪吸引手術

・バッカルファット除去手術

・エラのボツリヌストキシン注射

・あごを注射で作るハイドロキシアパタイト注射

・中には、フェイスリフト手術

 

などのさまざまな方法がさらに良い場合も

考えられますので、、いろいろな選択肢の中から

ご自身の希望とライフスタイルにあった最適なものを

選んでいただくのが良いと思います。

 

治療を始めた以上は、経過をきちんと見守って、

いろいろな処置・手術まで対応してくれるクリニックで、

BNLS注射も受けていただくことをおススメします。

BNLS注射だけではご自身が思っている結果に

ならない可能性もありますし、、。

 

BNLS注射だけして”あと知らない”、、では

yjimageOM391XVE

すでにやや、、懐かしい感じが、、。

 

 

顔やせのご相談、お待ちしております。

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島] 長谷川淳一

 

 

美容外科・美容皮膚科の美容整形相談は

ナチュレ美容クリニックに!!

初めての方も、優しく、

ゆっくりご説明いたします※

カウンセリングは無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの上部へ
2015.06.16

第26回コラム  二の腕の脂肪吸引後のきず

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島] の長谷川淳一です。

 

前回コラムに”二の腕の脂肪吸引”のことを

書かせていただきましたが、

以前、僕の手術(二の腕の脂肪吸引)を受けていただいた方が

コラムを読んで ”私のきずの写真、使えませんか?”と、

とってもありがたい(泣)申し出をしてくれて、

画像をいただいたので、お示ししたいと思います。

 

 

二の腕の脂肪吸引は、両肘のしわに沿って3mm位の

小さな穴を1個ずつ開けて手術(脂肪を吸い取る)を

すすめていきます。

 

 

右肘のきず(矢印の先に小さな横線が)

=ほとんどしわと一体化していますね!!

 

6-16傷

 

左肘のきず

=もはやどこが傷なのかよくわかりません!

傷

 

もちろん二の腕は、とてもキレイに、細くなっています。

 

”二の腕の脂肪をとると言っても、きずのことが

気になって、、”と思われている方の参考に

なれば幸いです。

写真のように、傷はほとんど目立たなくなります。

 

コラム読んでいただいた上、症例モニターに

立候補していただき、ありがとうございました!!

 

まだまだ夏に間に合います。

気になる方は、お早目にご相談下さいませ。

 

 

ナチュレ美容クリニック[広島]  長谷川淳一

 

 

美容外科・美容皮膚科の美容整形相談は

ナチュレ美容クリニックに!!

初めての方も、優しく、

ゆっくりご説明いたします※

カウンセリングは無料です。

 

ページの上部へ
2015.06.13

第25回コラム  二の腕の脂肪吸引

 

以前の脂肪吸引手術のお話しの続きで、、

今回は二の腕の脂肪吸引について書きたいと思います。

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

二の腕のご相談に来られる方はだいたい、

他はがんばって 痩せれたけど、二の腕のここが、、

とつまんで ”ここ、ここ”と言われる方が多いです。

yjimage3E52GWUW

もちろんエステで、、とかジムで筋トレして、、

とか機械を 使って体重を減らすのに大成功された方も

たくさん いらっしゃると思います。 しかし、そんな時でも

どうしても、、ここだけが残って、、、と 言われる場合に、

脂肪分解注射”か”脂肪吸引手術”が良いです。

 

脂肪分解注射は腫れも少なく、手軽で、ダウンタイムも

少ないのですが、出る効果を考えると脂肪を

外にとりだしていく=脂肪吸引手術の方が より確実な、

効果的な部分痩せが可能です。

実際、二の腕の脂肪吸引手術では、片方で 100cc前後

(多い人で500ccとれる方も)の脂肪が 吸引できることが

多いですが、 注射薬や機械を使った皮膚の上からの治療だけで

100cc(多い人では500cc)もの脂肪を分解して

効果を出すのには、二の腕の脂肪周りの筋肉、皮膚に 対する

負担や肝臓・腎臓などへの影響も心配です。

一気に、安全にすっきり細腕にするには、やはり 脂肪吸引手術です。

手術の手順についての説明をいたします。

まず手術の傷について、、

外にできる傷は、両肘に1か所ずつのみ、、です。

しわしわしたところの3mm位の傷1か所から脂肪

を とっていきます。

傷は時間と共にしわになじんでわからなくなりますし、

手術の際には、傷を保護するプロテクターを使って、

傷を守りながら手術をしていきます。

 

yjimageVV2942JM-2

 

この肘の傷の部分から極細の道具(吸引管など) を

皮膚の下に沿わせて、脂肪を吸い取っていきます(矢印↑)。

※両肘の下の3mm位の小さな傷以外の部分には、

傷はできません※

 

具体的な手術の流れについて、、

 

まず

1、脂肪をとりたい部分(=”ここ、ここ”の部分)に

目印紫色)を付けます。

 

2、しっかりと消毒した後、痛みを抑える効果のある

笑気麻酔を使いながら、手術する皮下脂肪全体に部分麻酔

を広げていきます。少しちくっとしますが、ご心配な方には、

静脈麻酔も併用してもらうと楽なこともあります。

麻酔が終われば、手術の間の痛みは全くありません。

 

3、肘の下に小さな傷を作ります(前述)

 

4、とっていく皮下脂肪全体を柔らかく、 細かく加工していきます。

DSC_0108

傷の部分から、この道具を使って(太さ約1.5㎜)脂肪を

柔らかくします。先が少し鈍になっている棒で、

周りの組織を傷めないように脂肪を優しく、

柔らかくします。

 

5、十分に脂肪を軟化させた後、脂肪を吸引器を

使って 吸いとっていきます。 太さが2~3mmの吸引管

(ストローのようなもの)を 皮膚の下にすすめて

(皮膚の下で、”押して・引いてを 繰り返す”感じです)脂肪を吸います。

 

DSC_0111

先端の穴(3穴)の部分から脂肪を吸引していきます。

”真っ直ぐ”と”曲がった”吸引管を使って、

全体的にまんべんなく吸い取ります。

吸引管も周りの組織を傷めないように、

先が丸くなっています。

ほほ・あごの脂肪吸引で 使っている管の

長いバージョンです。

 

6、前回もお伝えしましたが、脂肪吸引は

どれだけたくさん脂肪をとるかではなく、

”いかにきれいに脂肪を残すかを考えながら手術する”

ことが大切です。それにより、術後の凸凹がなくなり、

きれいな仕上がりとなります。

 

7、脂肪をとって、全体がまんべんなく整ったのを

確認した後、両肘の傷のところを縫って、

包帯を クルクル巻いて(圧迫固定)終了です。

麻酔からしっかり覚めてもらうために、

術後1時間くらい のんびりしてもらった後に、

ご帰宅いただきます。

 

8、3日間は二の腕を圧迫固定します。圧迫で手の指が

むくむこともありますが、3日後に圧迫を緩めると、

すぐにむくみはとれます。

 

9、腫れは1週間程度、内出血が出た時には2~3週間 程度

でひいてきます。手術の効果は2週間くらいで 実感できますが、

3か月くらいまでは二の腕はどんどん細く なっていきます。

手術効果の補助のため、術後1週間から ご自宅でマッサージ

をしてもらっています。 2~3か月たてば、、、、完成です。

コラム前

術前

コラム後-2

術後1か月=もはや別人の二の腕ですね(嬉)!!

自然でキレイな形になっています!

これから更に細くなってきます、、、、

と言う流れです。

少し腫れは出ますが、1回の施術で 効果は絶大です

リバウンドもありません。 お仕事は3日くらいの休みがあれば、

長袖を着れば カバーして仕事ができます。

腕だけの手術なので、体全体の負担も少なく安心です。

脂肪吸引手術が危険!?”と思われている方も

いらっしゃいますが、 しっかりと管理しながら、

手術をすすめれば全く問題ありません。

 

脂肪吸引手術を長年担当させていただいた経験から、、

今、市場に出回っているどんな脂肪分解注射や

マッサージ クリーム、エステサロンでの施術、

キャビテーション、 脂肪冷凍療法を繰り返しても、

施術直後に効果は一旦実感できますが、効果の長続きは

難しいですよね。 やはり出る変化の点でも脂肪吸引には

及ばないですし、 結局、施術が1回で終了するので、

コスト的にも脂肪吸引の方が安上がり”になります。

 

もちろん、”脂肪吸引なんて、、”と思われる方や

もともと皮下脂肪の量が多くない方には、 脂肪分解注射

も行っています。しかし、BNLS、PPCなど 最新の

脂肪分解注射を二の腕にたくさん注射してみたり はしましたが、

効果の差はやっぱり歴然、、

 

二の腕相談、、心からお待ちしております。

しっかりと必要な内容(出る効果の限界・リスク) は

お伝えしますので、カウンセリングの結果、

ご自身でご判断くださいませ。

 

二の腕のたるみが強く出る可能性が高い場合には、

おすすめしない場合もありますので、

その時は カウンセリングで必ずお伝えいたします。  

 

ナチュレ美容クリニック   長谷川淳一

 

 

美容外科・美容皮膚科の美容整形相談は

ナチュレ美容クリニックに!!

初めての方も、優しく、

ゆっくりご説明いたします

 

カウンセリングは無料です。

ページの上部へ
2015.05.27

第22回コラム  ほほとあごの脂肪吸引

 

当院では、”夏に・魅せる・ボディ”になっていただける

よう、5月からキャンペーンを行っております。

(詳しくは”クリニックからのお知らせ”をご覧ください)

 

ボディライン・フェイスラインを作るための

脂肪吸引手術の大まかな内容については前に

お話ししましたので、

各パーツごとに分けて、お話ししたいと思います。

 

ナチュレ美容クリニック[広島]の長谷川淳一です。

 

今回は、、まずは”ほほとあごの脂肪吸引”について、、

”小顔にしたい”

”このほほのお肉が邪魔、、”

”全体にふっくらしているので、シャープにしたい”

”この二重あごを何とかしたい”

と言われる方、たくさんいらっしゃいます。

 

 

理想の小顔にしていく方法としては、

・エラの筋肉を小さくする(ボツリヌストキシン)、

・アゴを作る(ヒアルロン酸・レディエッセ)

・脂肪分解注射(BNLS・フォスファチジルコリン)

などの注射や

・バッカルファットの摘出(口横のふくらみとり)という

比較的手軽な手術もありますが、

 

CIMG5605-26

この方のように、前方から見た時に外に膨らんだ感じの

ボリューム感のあるほほの方には、”ほほの脂肪吸引”を

すすめています。

 

ほほの脂肪を取る際には、フェイスラインを

しっかりと出すため、アゴ下の脂肪(いわゆる二重あご)も

一緒に脂肪吸引するとさらにきれいになることが多く、

同時にあごの脂肪吸引もさせてもらうことも多いです。

 

 

 

まず手術の傷について、、

外にできる傷は、両耳下に1か所ずつのみ、、です。

 

手術する時の傷の部分に黒い目印をつけていますが、、

DSC_0116

見た目にわからないですね

DSC_0117

後から見て、少し耳を引っ張ると、ようやく

黒いしるしが見えました。

ですので、、ほとんど傷はわかりませんし、

あったとしても時間と共にわからなくなります。

 

この傷の部分から極細の道具(吸引管など)

を皮膚の下に沿わせて、脂肪を吸い取っていきます。

※両耳の下の3mm位の小さな傷から、ほほとあご全体の

(ほほ骨上は除いて)皮下脂肪はとることができます!

他の部分には、一切傷はできません※

 

 

具体的な手術の流れについて、、

 

まず

1、脂肪を吸うところ(脂肪をとりたい部分)に

目印紫色)を付けます。

 

2、しっかりと消毒した後、痛みを抑える効果のある

笑気麻酔を使いながら、手術する皮下脂肪全体に部分麻酔

を広げていきます。少しちくっとしますが、ご心配な方には、

静脈麻酔も併用してもらうと楽なこともあります。

 

3、耳の下に小さな傷を作ります(前述)

DSC_0117

4、とっていく皮下脂肪全体を柔らかく、

細かく加工していきます。

もう麻酔は効いているので、全く痛くありません。

DSC_0108

DSC_0109

傷の部分から、この道具を使います(太さ約1.5㎜)。

先が少し鈍になっている棒で、組織を傷めないように

脂肪を優しく、柔らかくします。

 

 

5、十分に脂肪を軟化させた後、脂肪を吸いとっていきます。

太さが2~3mmの吸引管(ストローのようなもの)を

皮膚の下にすすめて(皮膚の下で、”押して・引いてを

繰り返す”感じです)脂肪を吸います。

 

DSC_0111

先端の穴(3穴)の部分から脂肪を吸引します。

”真っ直ぐ”と”曲がった”吸引管を使って、

全体的にまんべんなく吸い取ります。

 

吸引管を並べると、、水族館の”チンアナゴ”

みたいですね、、つがいですし、、。

吸引管も周りの組織を傷めないように、

先が丸くなっています。

 

6、脂肪吸引はどれだけたくさん脂肪をとるかではなく、

いかにきれいに脂肪を残すかを考えながら手術する

ことが大切です。

それにより、術後の凸凹や過度のほほのくぼみ(げっそり)

といった副作用をなくせます。

 

CIMG5617-1

先程のかたの施術直後の写真です。

すでにかなり細くなって、フェイスラインが出ています

(左口元に目印が残ってはいますが、、)。

 

7、脂肪をとって、まんべんなく整ったのを

確認した後、両耳の傷を縫って終了です。

 

腫れを抑えるため、麻酔からしっかり覚めて

もらうため、術後1時間くらいはほほを圧迫固定

してもらった後に、ご帰宅いただきます。

 

8、腫れは1~2週間、内出血が出た時には2~3週間

程度でひいてきます。手術の効果は2~4週くらいで

実感できますが、3か月くらいまではどんどん細く

なっていきます。

手術効果の補助のため、術後1週間から

ご自宅で顔のマッサージをしてもらっています。

2、3か月たてば、、、、完成です。

 

と言う流れです。少し腫れは出ますが、1回の施術で

効果は絶大です。リバウンドもほとんどありません。

 

脂肪吸引を長年ずーっと担当させていただいた経験から、、

今、市場に出回っているどんな脂肪分解注射やマッサージ

クリーム、エステサロンでの施術を繰り返しても、

脂肪吸引には効果の点ではまだ勝てないと思っています。

(脂肪分解注射[=薬で分解]やエステの揉みだしと、

脂肪吸引[=実際に脂肪をとりだす]を比べたらやっぱり、。

むしろ、脂肪を取るのと同じ効果のある薬なら、効果が

出すぎて、周りの組織に悪影響も?と思います)。

 

もちろん、”脂肪吸引なんて、、”と思われる方や

もともと皮下脂肪の量が多くない方には、

注入治療(BNLSフェイスダイエットやエラの

ボツリヌストキシン注射)もおすすめです。

 

頬まわりの余ったお肉をできるだけしっかりと

すっきりしたい人やリバウンドはしたくない人など

ほほのご相談、、心からお待ちしております。

しっかりと必要なこと(出る効果の限界・リスク)

はお伝えしますので、カウンセリングの結果、

ご自身でご判断くださいませ。

 

ほほのたるみ治療をおすすめする時も稀にありますが、

必要な方にはあわせてお話しいたします。

 

 

 

ナチュレ美容クリニック   長谷川淳一

 

 

美容外科・美容皮膚科の美容整形相談は

ナチュレ美容クリニックに!!

初めての方も、優しく、

ゆっくりご説明いたします※

カウンセリングは無料です。

 

ページの上部へ

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ