切らない眼瞼下垂手術を両目に受けていただいて

 

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

 

今回は、お問い合わせの多い切らない眼瞼下垂手術

両目に受けたいただいた患者様をご紹介いたします。

 

”まぶたのたるみもあるし、二重にして目を大きくしたい”

とのご希望で昨年末に来院された方です。

 

術前のシミュレーションをすると、埋没二重手術だけでも

二重の線はできるのですが、、切らずに最大限大きく目を

見せたいとのことで、”瞼を開ける筋肉を小さくする手術

埋没二重手術を同時に行う(=切らない眼瞼下垂手術)を

受けていただきました。

 

 

切らない眼瞼下垂手術は、、

まぶたの奥の、目を開ける筋肉を奥側から特殊な極細糸を

使って、切らずに上方に持ち上げていきます(Müller Tucking)。

同時に二重の線も作ることができます。

 

手術時の麻酔は少しちくっとしますが一瞬で、、。

あわせて笑気ガスを使うと痛みは軽減されます。

 

・手術前

両目ともまぶたのたるみがあり、術前のシミュレーションで

埋没二重手術だけでも二重にはなりそうでしたが、

もっとデカ目にしたい”とのご希望でしたので、

少し左右差(二重幅、筋肉を持ち上げる量)をつけながら

手術を受けていただいた直後が、、

 

二重のラインもしっかりとでき、下垂手術を同時に

行うことで、よりぱっちりした目となっています。

 

喜んでいただけました

 

まぶたの厚みやたるみが多少あっても、切開による

眼瞼下垂手術ではなく、”切らない”眼瞼下垂手術

ご検討いただくのもひとつと思います。

 

切開手術ではないので、術後の腫れも少なく、

通院も不要です。

 

 

目の印象がはっきりすると、さらに若くみえるようになり、

アンチエイジング効果も期待できます。

 

お悩みの方は、是非カウンセリングにお越しください。

 

尚、手術には限界がありますので、この手術を

おすすめしない場合もございます。また当院では

保険診療での手術は行っておりませんので、ご理解の上で

ご来院くださいませ。

 

ナチュレ美容クリニック広島 長谷川淳一

 

 

=切らない眼瞼下垂手術のメリット・デメリット=

(メリット)

・ダウンタイムが少ない

・切らずに行うので、ばれにくい

・同時に二重を作ることができる

・二重幅の修正は希望があれば可能

・変化が自然

 

(デメリット)

・糸を止めた部分が、小さなしこりのようになることがある

・時間がたつと、稀に元戻りすることがある

 

=料金(消費税別)=

・切らない眼瞼下垂手術(両目)  163000円

 

=手術のリスク

腫れ、痛み、内出血、アレルギー反応、目の違和感

二重の左右差、緩む可能性

 

 

=切らない眼瞼下垂手術と一緒におすすめの施術=

・目の上のくぼみにヒアルロン酸注入

眼瞼下垂手術で目の上のくぼみは多少は改善しますが、

残ったくぼみが気になる時には、ヒアルロン酸を

注入してもらうと目立たなくなることがあります。

 

・目頭切開手術

瞼の内側(鼻側)にしっかりと二重幅を作る(特に平行型

二重希望の場合)に、施術した方が良い場合があります。

目頭切開術後1週間は傷部分に糸が付いており、1週間後に

抜糸のための通院が必要です。

 

あわせて是非ご検討ください。

 

ナチュレ美容クリニック広島   長谷川淳一

 

 

二重まぶた(埋没・切開・目頭切開)、眼瞼下垂、

目元(特に目の下)のアンチエイジング手術、鼻の整形、

豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト、スレッドリフトなどの

美容外科手術、しみ・しわ・たるみ、ボトックス・

ヒアルロン酸などのアンチエイジング注射、HIFU、

薄毛HARG療法などの美容皮膚科治療

高濃度ビタミンC点滴治療、血液オゾンクレンジング療法

などの美容内科治療、ワキガ、ほくろとり、刺青除去などの

形成外科治療、そのほかの美容整形の相談も、

ナチュレ美容クリニック広島へ!

関連記事

  1. 令和元年度医療安全セミナーに参加

  2. 受付に飾らせていただいてます↑

  3. 術後に目の下のたるみが強く出そうでしたが、、

  4. 目の下のふくらみとり手術後の長期経過は、

  5. 甘いモノ好きの僕らにはたまりません!

  6. 目の下のふくらみとり手術を大阪から広島まで受けに来ていただい…