メールでのお問い合わせ

院長コラム

2019/02/15

第88回コラム ほくろをとる施術 について

 

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

 

今回は、手軽で簡単にできる

気になる”ほくろ(黒子)”をとる

施術について、お話しいたします。

 

 

ほくろ(黒子)は場所にもよりますが、

とても気になる場合があります。

 

気になるほくろ(黒子)をなくして

しまいたいときには、ほくろの色素を

一度で・再発なく・きれいにとること

が当院では第一と考えていて、黒子の

辺縁(ほくろと正常皮膚の境目)から

丁寧に、最小限の色素を電気メスを

使ってとり除く方法で行っています。

 

短時間で済み(黒子1つが5分程度)

ダウンタイムが必要ないので、

カウンセリング当日に施術を受けられる

方もたくさんいらっしゃいます。

 

尚、ほくろの直径が大きい場合には、

他の方法(切除して縫合する)方が

よりきれいになる場合もありますので、

そちらをおすすめすることもあります。

 

またほくろの種類によっては、とった後に

追加での治療が必要なこともあり、他の病院

へ紹介をさせていただく場合がございます。

 

DSCF6254

鏡をみながら、自分で自分のほくろを、、(笑)。

 

=こんな方におすすめ=

☑昔から気になるほくろがあり、最近

少しずつ目立つようになっている気がする

☑ほくろをすぐにとりたい

☑仕事は休めない

☑1回で確実にほくろをとりたい

 

 

=ほくろとりのメリット・デメリット=

(メリット)

・部分麻酔で、短時間で終了する

・すぐにほくろはなくなる

・日常生活への支障や体への負担はない

 

(デメリット)

・1~2日は傷部分のテープ固定が必要

・ほくろが再発する可能性はゼロではない

・1~2か月程、ほくろをとった部分が

少し凹んで・赤くなっていることがある

 

=施術の流れ=

(カウンセリング)とりたいほくろ

(黒子)をしっかり診察させていただき、

最適な方法をリスクを含めてお話し

いたします。大きさによっては、きれいに

仕上げるために切除して糸で縫う

(切除縫合)方法をすすめる場合も

ございます。切除縫合を行った場合には、

抜糸のための通院が必要になります。

 

(施術)ほくろ部分に部分麻酔をして、

電気メスを使いながら切除します。ほくろの

数が多い場合や痛みに対しての不安が

強い時には、リラックス笑気麻酔を

使うことができます。切除した後、肌色の

テープで固定してすぐにご帰宅いただけます。

 

・首やお顔にある“イボ”も同様の処置で

きれいにとることが可能です。

・テープ固定がとれた後には、日焼け止めを

使うことをお願いしています。

 

=料金=税別

・電気メスによるほくろとり

1mm径あたり    ¥5000

・切除縫合によるほくろとり

(径5mm以上の時におすすめしています)

1mmあたり  ¥10000

 

 

=詳細情報=

施術時間 5~30分(切除縫合の場合)
通院 なし(切除縫合の時には1回通院)
麻酔 部分麻酔(希望により笑気麻酔も)
痛み 麻酔時のみ少し
腫れ なし
シャワー・洗顔・洗髪・入浴 当日~(切除縫合=患部を抜糸日まで濡らさない)
スポーツ 当日~(切除縫合=2週間後~)
注意事項 テープは剥がれるまでそのままで

 

気になるほくろ、とりたいほくろがある方は

是非ご相談ください。

 

ナチュレ美容クリニック広島  長谷川淳一

 

 

二重まぶた(埋没・切開・目頭切開)、眼瞼下垂、

目元(目の下)のアンチエイジング、隆鼻、

豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト、スレッドリフト

などの美容外科手術、しわ・たるみ・しみ、

ボトックス、ヒアルロン酸などのアンチエイジング

注射、脂肪分解注射(BNLS)、HIFU

などの美容皮膚科治療、血液オゾンクレンジング・

高濃度ビタミンC点滴な美容内科治療

そのほかの美容整形の相談も

ナチュレ美容クリニックにご相談ください。

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ