メールでのお問い合わせ

院長コラム

2019/02/25

第95回コラム 唇を薄くする手術 について

 

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

 

 

今回は、分厚い唇を薄くきれいに

整える手術=口唇縮小手術についての

お話を致します。

 

厚い唇は艶っぽく魅力的に見えますが、

“大きすぎる”、“厚ぼったすぎる”とお悩みの

方も中にはおられます。すっきりとした小さい

唇にするには、唇の組織を減量する処置が必要で、

切開して口唇の組織を一部取る手術が必要に

なります。

口唇の裏側の見えない部分を切開し粘膜を

切除して、唇をできるだけ小さく・自然に

仕上げるのが“口唇縮小手術”です。

 

手術直後には若干の腫れが出ることがありますが、

1週間たてば腫れはほとんど落ち着きます。

上口唇、下口唇のそれぞれを小さくする手術

がありますが、仕上がった後の上下のバランス

を考えて、上口唇と下口唇の両方の縮小手術を

同時に受けられる方も多いです。

 

=こんな方におすすめ=

☑口元を今より上品にしたい

☑昔から唇が厚く、薄く・小さくしたい

☑傷が目立つのは困る

☑1回の施術で確実に効果を出したい

☑ダウンタイムの準備はできる

 

口唇の粘膜と一部筋肉を切除することで、

唇のボリュームを減量して上品な

口元にします。

図3

唇の粘膜側を小さくする方が傷は目立たず、

早く落ち着きます。

 

=口唇縮小手術のメリット・デメリット=

(メリット)

・一度の施術で、確実に口唇をスリムにできる

・半永久的な効果である

・唇の裏側で縫合するので、傷はほぼ見えない

 

(デメリット)

・直後は腫れが出やすい(1週間くらい)

・1~2か月間、唇のしびれ感が続くことがある

・バランスをとるために、上下同時に行うのが

良いこともある

 

=施術の流れ=

(カウンセリング)唇を診察して、手術による

改善をご希望の時には、手術内容をリスクを

含めてお話しいたします。

 

(施術)切除する部分をマーキングします

(上:7-8mm、下:8-10㎜程度の唇の

サイズにデザインすることが多いです)。

部分麻酔の後に、粘膜を切開し、奥の筋肉も

一部切除します。筋肉と粘膜を丁寧に・密に

縫合して傷をきれいにあわせます。縫合が

終われば手術は終了です。

施術後問題なければ、すぐにご帰宅いただけます。

 

・1週間後に傷の抜糸のためにご来院いただいきます。

 

=料金=税別・麻酔代別

上のみ、下のみ    ¥203000

上下同時に      ¥353000

 

=一緒におすすめの施術=

・フェイスリフト=口元のたるみが気になる

場合には、切るリフトor切らないリフトも

同時に行うと、口周りはよりすっきりとし、

きれいになります。

 

・高濃度PRP注入=ご自身の血液から

抽出した、皮膚の再生因子を大量に含む

高濃度PRPを傷部分に直接注入することで、

傷の治癒を促進、炎症を鎮静化します。

 

=詳細情報=

施術時間 30~60分
麻酔 部分麻酔(場合により笑気麻酔・静脈麻酔)
通院 1週間後に1回
腫れ・内出血 ~1週間
痛み 3~4日
洗顔・洗髪・メイク・シャワー・ 翌日~
入浴 1週間後~
運動 2週間後~
注意事項 術後の冷却が大切です

 

唇が厚いとお悩みの方、是非ご相談ください。

 
ナチュレ美容クリニック広島 長谷川淳一

 
二重まぶた(埋没・切開・目頭切開)、眼瞼下垂、

目元(目の下)のアンチエイジング、隆鼻、

豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト、スレッドリフト

などの美容外科手術、しわ・たるみ・しみ、

ボトックス、ヒアルロン酸などのアンチエイジング

注射、脂肪分解注射(BNLS)、HIFU

などの美容皮膚科治療、血液オゾンクレンジング・

高濃度ビタミンC点滴など美容内科治療、

そのほかの美容整形の相談も

ナチュレ美容クリニックにご相談ください。

 

カテゴリー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

ナチュレ美容クリニック紹介ムービー

アクセスマップ

アクセスマップ google mapで見る
ページの上部へ