眉下リフト(切開)で、まぶたのたるみを自然に・きれいに!

 

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

 

”まぶたのたるみ”をすごく気にされていらっしゃる方に、

もともときれいな二重があり、皮膚が被さってくることで

二重が消えているタイプでしたので、眉毛の下をカットして

たるみをとる手術を受けていただきました。

 

術前

1か月後

術後1か月で重たいまぶたも軽くなり、

元々の二重もしっかり出てきていますね。

二重は作っているわけでなないので、とても自然です。

眉毛の下の傷もよく見ないと(よく見ても?)、

わからないくらいに落ち着いています。

 

1週間は眉毛の直下に糸が付いているので

ダウンタイムは1週間くらいは必要で、

1週間後に糸をとった(抜糸)後は

メイクカバーもできます。

喜んでいただけました。

 

まぶたのたるみをとる方法は、

二重を切開する方法や埋没二重を作る方法も

ありますが、ダウンタイムが少なくて

一番自然なのが、眉下リフト(切開)です。

 

ご希望も人それぞれですので、すべての方に同じ方法が

良いではなく、じっくりと、一人一人に時間をかけた

医師のカウンセリングが重要です。

 

 

夏のお時間があるときにお悩みの方は

是非お越しくださいませ!!

 

ナチュレ美容クリニック広島 長谷川淳一

 

=眉下切開法のメリット・デメリット=

(メリット)

・まぶたが施術直後からすぐに軽くなる

・二重は以前のラインのままで、以前の自然な目に戻る

・腫れ・痛み・内出血は少ない

・眉毛と目の間の距離(縦幅)が少し短くなり、目の印象がはっきりする

 (デメリット)

・新しい二重のラインはできない

・眉毛のすぐ下に細い傷ができる(時間がたてば目立たない)

 

=料金(麻酔代別・税別)=

¥250000

=一緒におすすめの手術=

・高濃度PRP注射―傷を早くきれいにするために傷口に

注入します。できるだけ早く腫れや傷を落ち着かせたい

場合におすすめです。

 ・埋没二重法―眉下リフト(切開)では、二重のラインは

できませんが、同時に埋没二重法を行うと、腫れを少なく

しつつ綺麗な二重も作ることができます

 ・目の下ふくらみとり・たるみとり手術ー目の下のアンチ

エイジング手術もダウンタイムがなかなか取れない方には

同時に一気にお受けできる場合もあります。

単独で行うよりも少し腫れが長引く場合もあります。

・目のまわりのボトックス・ヒアルロン酸注入―より目の

印象を若々しく、柔らかくすることもできます。

・フェイスリフト(切る・切らない)―目の上だけでなく、

ほほのアンチエイジングもご希望により同時に

可能な場合もあります。

是非ご検討ください!!

 

 

二重まぶた(埋没・切開・目頭切開)、眼瞼下垂、

目元(特に目の下)のアンチエイジング手術、鼻の整形、

豊胸、脂肪吸引、フェイスリフト、スレッドリフトなどの

美容外科手術、しみ・しわ・たるみ、ボトックス・

ヒアルロン酸などのアンチエイジング注射、HIFU、

薄毛HARG療法などの美容皮膚科治療、

高濃度ビタミンC点滴治療、血液オゾンクレンジング療法

などの美容内科治療、そのほかの美容整形の相談も

ナチュレ美容クリニック広島へ!

関連記事

  1. ほほとあごの脂肪吸引直後

  2. ほほ・口元のたるみ改善に⇒切らない美肌糸リフト

  3. なぜ内服より点滴が良いの?

  4. 憧れの美巨乳に!!

  5. 今(から)でしょ!!医療脱毛!!

  6. 新しいパンフレット