第79回コラム PRP-f注入療法(アンチエイジング)について

 

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

 

今回は、PRP-f(多血小板血漿+成長因子=

グロースファクター)注入療法について

お話いたします。

 

皮膚再生に必要な成長因子を多く含む血小板を、ご自身の血液

から高濃度で抽出し、お悩みの部分に注入することでしわ、

たるみなどを軽減=若返り効果を発揮するのが

高濃度PRP(多血小板血漿)再生療法

(=“プレステージPRP”)という人気の再生医療です。

 

それに成長因子(グロースファクター:FGF)を適量

加えることで、肌自身の再生能力にさらに強く働きかけて、

より長く効果を持続させることができるのが

PRP-f注入療法です。

 

“プレステージPRP+FGF(成長因子=グロースファクター)

=PRP-f注入療法”

 

高濃度(7倍~9倍)に濃縮したPRPにグローズファクター

を最適量添加することで、肌の再生能を高めて、皮膚の

内部から活性化し、不足した皮膚の構成成分(コラーゲン・

エラスチンなど)を補うことで、確実な若返り効果と

効果の持続(2~3年)を可能にした治療です。

 

 

PRPに成長因子を追加する既存の治療は、副作用としての

“しこり形成”が大きく問題視されていましたが、添加する

成長因子の量や濃度、注入量、注入する深さ、注入時に

使う針のサイズといったひとつひとつの要素を、しわの

状態にあわせてオーダーメイドで厳密に調節することで、

そのリスクを最小限にできるようになりました。

 

(実際、院長も目の下の凹み部分に注入して3年

経ちますが、問題ありません)。

 

一度の採血(治療)で、同時に複数部分の注入も可能

ですので、カウンセリングの時に気になる部分は

全てお伝えください。

 

=注入が効果的な部位=

・目の上、目の下のくぼみ、目尻のしわ

(※目の下のちりめんじわにはできません)

・眉間、額のしわ、こめかみの凹み

・ほうれい線、口角、口周りのしわ

・ほほの細かいしわ

・首のしわ

・手の甲のしわ  など

 

=こんな方におすすめ=

・手術は怖くて、抵抗がある

・目の上や下の強いくぼみ、たるみやほうれい線がとても気になる

・若返り効果が長く続く方法を希望

・首のしわ、手の甲のしわが気になるので、注射で何とかしたい

・ダウンタイムが少ない方法がよい

 

=PRP-f注入療法 のメリット・デメリット=

(メリット)

・効果の持続が長い

・他の注射では効果を得にくい皺(首や手の甲)にも有効

・ダウンタイムは少なく、腫れはメイクでカバーできる

・一度に複数部分の治療ができる(採血量による)

 

(デメリット)

・採血が必要

・直後は効果が実感しにくいこともある

・注入による赤み、内出血、硬さが一時的に出ることがある

・任意で2週間後、6か月後に通院が必要

・リフトアップ効果はない

・しこりができる可能性が全くゼロではない

・場所によって注入をおすすめできないことがある

 

 

=治療の流れ=

(カウンセリング)

気になる部分を教えていただいて診察いたします(視診・

触診)。お悩みにあった改善方法をご提案いたします。

その他の方法をおすすめする場合もございます。

 

(採血)ご希望により表面麻酔、笑気麻酔

主に肘内側から採血します。ご希望により表面麻酔

(40分ほどかかります)も可能です。採取した血液を

自動遠心機を用いて、まずPRP(多血小板血漿)を

抽出・作成します。

 

(PRP-fの調整)

作成したPRPに、注入部分に適した濃度・量の

グロースファクター(成長因子)をまんべんなく

混入し、注入治療用のシリンジに分けます。

 

(注入)

マーキングした後、超極細針を使って腫れないように、

ゆっくりと注入します。

注入量を細かく調節しながら行います。

 

(冷却)

施術後の腫れをできるだけ抑えるため、冷却します。

 

お体と施術部分に問題がないのが確認できたら、ご帰宅いただきます。

 

・注入によってえられる効果は、直後から実感できる

場合もありますが、再生因子が安定する約2-3か月後

に実感できることも多いです。

 

=料金=税別・麻酔代別

¥223000(約3cc)

 

=一緒におすすめの治療=

・ボトックス注射=笑いしわ(表情皺)に有効な注射で、

多くのしわを手軽にきれいに抑えることができます。

ただし注入のし過ぎは無表情となりますので、注意が

必要です。

 

・フォトセラピー・レーザー治療=お顔全体のシミや

毛穴・くすみを改善、肌質を入れ替える治療をあわせて

行うと、さらなる美肌効果がえられます。

 

・切る or切らないフェイスリフト、HIFU治療

強いたるみを改善するには、超音波を使った引き締め治療

(HIFU)や切らないリフトアップ(糸を使う

スレッドリフト)や切る方法(切開フェイスリフト)が

おすすめの場合もあります。

 

=治療が難しい方=

・癌の治療経験のある方・妊娠中の方

・アレルギーの気になる方

・どうしてもしこりがご心配な方

 

=詳細情報=

施術時間 20~50分(麻酔時間含む)
麻酔 表面麻酔(ご希望により笑気麻酔も)
通院 2週間後、6か月後(任意)
腫れ・内出血 3日~1週間(施術当日は冷却がよい)
痛み 注入時に少し
洗顔・シャワー・入浴・化粧 当日~
お顔のマッサージ 注入部分を避けてマッサージ
運動 1週間後~
効果の持続 2~3年
効果の安定 2~3か月

 

アンチエイジング治療はいろいろなメニューを

(外科的な方法を含めて)準備がございます。

カウンセリングに是非お越しください。

 

ナチュレ美容クリニック広島   長谷川淳一