第86回コラム バッカルファット切除術 について

 

ナチュレ美容クリニック広島の長谷川淳一です。

 

今回は最近お問い合わせの多い、切らない

確実な小顔形成術=バッカルファット切除術

について、お話ししたいと思います。

 

・バッカルファットとは??

ほほの奥深くに存在し、浅い層にある皮下脂肪に

プラスして、ほほのボリューム感を作っているのが

バッカルファット(頬脂肪体)です。

 

(丸で囲んだ部分の皮下の奥深くにあります)

 

バッカルファットは重力による経年変化で、口の周りに

下がってくることで、口周りのたるみの原因になるとも

言われています。

 

 

ほほの奥深くで存在感を発揮しているバッカルファット

(頬脂肪体)を、口の中の粘膜に5mmほどの小さな針穴

をあけて減量することで、小顔効果とほっそりとした

フェイスラインを確実に作る効果が期待できる施術です。

将来的なほほのたるみやブルドック顔の予防もできます。

 

ほほの奥深くにある脂肪ですので、口の中からの施術

の方がより負担が少なく、お顔の見える部分には一切

傷はできません。

 

手術後の腫れは早い時期からメイクでカバーができますし、

一度切除するとリバウンドはしにくいので、注射のように

繰り返しの施術は必要ありません

 

この施術は脂肪を除去する量のコントロールがとても大切

で、除去しすぎてしまうと、げっそりした不健康な

印象のお顔になりますので、注意が必要です。

また年配の方で、すでにたるみが出ている場合には

おすすめできませんので、カウンセリング(診察)は重要です。

 

 

私は耳鼻咽喉科専門医でもあり、口の中の解剖は良く

理解しているつもりですので、リスク少なく、

安心して施術は受けていただけると思っています。

 

 

=こんな方におすすめ=

・”体は細いのに、顔だけぽっちゃりしている”とよく言われる

・笑った時に、頬がぷっくり膨らむのが気になる

・切らずに小顔になりたい

・いずれ口周りがたるんでブルドック顔になりそうなので、

たるみ予防を早くしておきたい

口の中をなぜかよく噛んで、傷を作ってしまう

 

=施術の写真=

 

(手術前)

 

(手術後1か月)

=自然にきれいなフェイスラインになっています。

痩せすぎて不自然な感じもありません

 

 

=バッカルファット切除術のメリット・デメリット=

(メリット)

・口の中からだけの施術なので、見えるところに傷はできない

・確実な小顔効果が長持ちする

・リバウンドしにくい

通院は基本的に不要

・腫れが出てもメイクでカバーしやすい

 

(デメリット)

・術後の冷却と3日間の固定が大切

=3日間は仕事は要休業

すでに口元がたるみが強い方にはおすすめできない

=たるんだ感じがより強く出たり、口周りのしわが

増えることがあります。その時にはフェイスリフト

手術や皮下脂肪の脂肪吸引手術をおすすめしています。

腫れや内出血が1-2週間出ることがある

=メイクでカバーしてもらっています。

 

=施術の流れ=

(カウンセリング=診察)

施術によって、きれいな小顔効果やたるみの予防効果が

期待できるかどうかをしっかりと診察いたします。施術による

効果が期待できない場合や不自然に老けてしまう可能性が高い

場合にはおすすめしません。

(手術)

座位にてバッカルファットを切除する(脂肪を減らす)部分

をデザインします。うがいの後、口の中から部分麻酔をして

5mmほどの大きさの針穴を作った後に、バッカルファットを

切除します。針穴部分は吸収される糸で処理しますので、抜糸

のための術後の通院は必要ありません。

手術直後は腫れ予防として20-30分ほど圧迫冷却をして、

問題なければすぐにご帰宅いただいています。

 

手術の不安が強い方には、完全に眠った状態での施術

(静脈麻酔)をおすすめすることもあります。

 

(帰宅後)

腫れ予防のために、術後3日間はご自宅でしっかりと

ほほの圧迫固定(シャワー時以外ずっと)をお願い

しています。直後は、ほほがくぼんで見えることも

ありますが、1か月程でなじんできれいになります。

 

(手術前)

 

(手術後2週間)

=たるみもなく、きれいに小顔になっています。

 

=手術料金(麻酔代・税別)=

¥273000

 

 

=手術の詳しい情報=

・施術時間   30-50分

・麻酔     部分麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔

・通院     不要

・腫れ・内出血 3日~2週間

・痛み     2日~5日程

・洗顔・洗髪  当日~可

・運動     術後2週後から可

・歯科治療   術後2週後から可

・注意事項   術後1週間は硬いもの、刺激物の飲食はお控えください。

 

※ほほとほほ骨上や口周りの皮下脂肪の脂肪吸引、

脂肪溶解注射などもあわせて行うと、より細くなり

効果的です。

(当院HPの”部分やせ”をご参照ください)

 

 

小顔効果と将来的なたるみ予防には、切らずに

できるとても効果的な方法です。

しかし、中には手術をしない方が良い方もおられます

ので、しっかりとカウンセリングをした後に施術は

ご検討ください。

 

気になる方、遠慮なくカウンセリングにお越し

くださいませ。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ナチュレ美容クリニック広島   長谷川淳一